HighLow(ハイロー)バイナリーオプションの口座開設・評判・使い方

仮想通貨取引を行なっている中で、HighLow(ハイロー)というバイナリーオプションの取引を聞いたことがある人も多いと思います。

Google検索などで「HighLow」を検索すると、主に為替取引のバイナリーオプションにおける説明なども多数出てきますね。

そして近年、仮想通貨取引においてもバイナリーオプションでの取引が出来る「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」が話題となっています。

そこで今回は、そもそもバイナリーオプションとは何なのか、そしてHighLow(ハイロー)とはどの様な取引なのかを、「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」という取引所を軸に、評判も含めて紹介します。

また最後に、「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」の講座開設方法や使い方についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

※HighLow(ハイロー)における取引は、リスクの高い取引でもありますので、利用する場合には必ず仕組みを理解して、余剰資金での取引を行なってください。

にゃんこ

にゃんこ
バイナリーオプション??
ビット先生

ビット先生
為替の相場を予想するバイナリーオプションは人気になりつつあるぞぃ。

目次

バイナリーオプションのHighLow(ハイロー)ってどんな取引?

私たちが行う標準的な仮想通貨取引は、仮想通貨取引所に登録して、安くなったらコインを買い、高くなったらコインを売り、その価格差で利益を得ます。あるいはFXの様にレバレッジをかけた取引も人気ですね。

これらの取引は、全て売買したい価格を予想して、且つ予想した価格になるまで数日待って取引を完了させることもありますが、バイナリーオプションでの取引は少しルールが違います。

基本的にはどの様な部分が違うのかを、簡単に見ていきましょう。

▼バイナリーオプション

バイナリーオプションは、簡単に言うと現在の価格から「上がる」か「下がる」かの二択を選んで投資をする方法です。博打ではなく立派な投資方法として存在します。

二者択一という分かりやすいルールですので、だれもが参加することが出来ますね。

そして、FXのレバレッジの取引のように「追証(おいしょう)」はありません。あくまでも、投資する金額が上限となり、価格の上下を予測して利益を得る投資方法です。万が一損失が出ても、入金している資産がゼロになるだけです。

この「上がるか」「下がるか」という二択は、コンピューターの基本的な考え方である「0」と「1」に由来しています。

コンピューターは基本的に、プロブラムも全て「0」か「1」で表現されており、機械が判断するプログラムは全て「0」と「1」の二つの数値で判断され、動作しています。

バイナリーとはこのコンピューターが使う2進数の「0」と「1」を基準とした、「上がるか下がるか(0か1か)」という二者択一で投資が行われるのです。

バイナリーオプションで人気のHighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)とは

バイナリーオプションでの取引で話題となっているのが「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」です。

HighLow(ハイロー)を調べると、インターネット上にはHighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)の情報が山ほど出てくると思います。

この「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」とは、バイナリーオプションの取引が出来る海外取引会社の一つで、知名度の高い取引所です。

海外の取引所ということで評判は様々ですが、海外の取引所の中でも“安全”で“メリットもある”取引所ということで、バイナリーオプションといえば「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」というほどの認知度があります。

もちろん、リスクの高いバイナリーオプションの取引では、出来れば日本の取引会社を使うことがオススメされています。その理由としては、やはり信頼性とトラブル時の対応が、海外取引会社を使うよりも容易だからです。

それでも海外取引会社である「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」に人気が集まる理由としては、日本の取引会社に比べて”口座が作りやすい“事や”日本の取引会社よりも制限が少ない“という事が挙げられます。

日本の取引会社は安全性を重視するために規制がとても厳しく、もはやユーザーにとって不便になってしまったのです。

そこで注目されたのが海外の取引会社であり、その中でも「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」が人気を集めているというわけです。

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)の特徴

それでは、認知度の高い海外の取引会社「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」の特徴を見ていきましょう。

▼ HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)では5銘柄の暗号資産(仮想通貨)取引が可能

まず「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」で特筆すべきは、”暗号資産(仮想通貨)“でバイナリーオプションの取引が出来るという事です。

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)で取引出来るコインは以下の5種類です。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)

ボラティリティの高い暗号資産(仮想通貨)取引こそ、HighLow(ハイロー)二択での取引で利益を得やすい銘柄となります。

もちろん、HighLow(ハイロー)で利益を得るためには、チャート分析などの勉強が必要ですが、取引の形態としてはマッチしている銘柄と言えるでしょう。

▼サポートが日本語に対応している

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)では、何より安心なのが、“サポートが日本語に対応している“という事です。

海外の取引会社を利用する上でのリスクの一つが、万が一の時のサポートですよね。

これは、仮想通貨取引所にも共通するリスクですが、バイナリーオプションの取引に慣れている人もそうでない人も、サポートが日本語対応しているというのは、利用する上での大きな安心材料になります。

サポート形態については、メールおよび電話でのサポート共に日本語対応していますので安心です。

▼ASIC(オーストラリア証券投資委員会のライセンスを保有している

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)では、ASIC(オーストラリア証券投資委員会)という、身元のしっかりとした組織からのライセンスを受けています。

これは、高い信頼性の裏付けとなります。

※ASIC(オーストラリア証券投資委員会)とは、オーストラリア証券投資委員会法に基づいて設立された独立連邦政府機関です。オーストラリアを拠点とする企業や、金融サービスを監督する委員会であり、オーストラリア全体の金融市場に公平性と透明性を維持しています。

▼万が一の倒産時に備えて「ロイズ保険組合」に加盟している

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)が比較的安心して利用出来る海外の取引会社である要素として”ロイズ保険組合に加盟している“という事実があります。

これが意味するところは、「顧客の資産が保護されている」という事です。

万が一大きなトラブルが起こったとしても、顧客の資産が消滅したり、取引会社が資金を持って逃げるなどの心配が無いという裏付けになります。

取引会社を選ぶ上で最も重要な要素が「顧客資産の保護」に関する部分ですよね。

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)では、「ロイズ保険組合に加盟している」という事実が「顧客資産の保護」を担保しています。

※ロイズ保険組合は保険会社ではなく、賠償責任保険を可能とする「事務処理をする場所」です。17世紀にロンドンに設立された歴史のある組合であり、多数の小さな保険会社と仲介業者が会員となり、保険を求める人や企業と保険を引き受ける人を結びつける組合です。ロイズという名称は“市場”を表す場合もありますので、興味のある人はロイズの歴史を調べてみると面白いかもしれません。

▼デモ口座の解説でデモ取引が出来る

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)では、デモ口座を開設する事が出来ます。

実際に利用する前には“お試し期間“が欲しいですよね。

特にボラティリティの高い仮想通貨市場では、二択での投資は高いリスクを伴います。

ですので、HighLow(ハイロー)を初めて利用する人は特に、デモ口座で感覚を掴んだ後に、実際の資金を投じる事がリスク軽減にも繋がります。

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)の評判

それでは実際にHighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)を使っている人たちの評判を見ていきましょう。

▼良い評判

まずは、良い評判です。

電話のサポートがあるのはいい

電話でのサポートの場合サポートセンターの時間は決まっていますが、電話でサポート出来るのは良い。

引用元:BEGINNER BO(ビギナーバイナリーオプション)

迷ったら電話

サポートの対応に電話があるのはうれしい。メールだけってところも多いですがすぐに対応をしてもらえるのは大きいです。

引用元:BEGINNER BO(ビギナーバイナリーオプション)

デモを使う人が多い

まずデモって人多いみたいですね。知ってから取引するのとそうで無いのは違いがあると思うので大賛成です。

引用元:BEGINNER BO(ビギナーバイナリーオプション)

ビットコインで送金出来るんですね

塩漬けにしているままかどうかまよったので少しだけ入金に利用してみました。思ったよりも送金速度が早いんですね。投機としてビットコインを持っていましたが、送金に初めて利用しました。

引用元:BEGINNER BO(ビギナーバイナリーオプション)

やはり、日本語での電話サポートは安心感があるということですね。また、初めて使う人にとって、デモは有用だということがわかります。

▼悪い評判

次に、悪い評判を見てみましょう。

デモ取引してたらいきなり繋がらなくなった

メンテナンスかサーバーエラーだとは思うけど、びっくりした。こういったときにアナウンスすればいいのに。

引用元:BEGINNER BO(ビギナーバイナリーオプション)

締約拒否が多すぎる

特にスマホアプリからは。60秒ハイロータイミングを測って「ここ!」っていうところで、何回も締約拒否が続くと泣きたくなるよ。。。。

引用元:BEGINNER BO(ビギナーバイナリーオプション)

デモ取引でサーバーに繋がらなくなったというものはありましたが、特に目立った悪評はありませんでした。

やはり、HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)の評価はとても高いようですね。

バイナリーオプションの取引、HighLow(ハイロー)のリスク

HighLow(ハイロー)については、価格が上がるか下がるかという二択での取引ですので、非常に手軽に投資出来る方法です。

ただし、全てを勘で取引するようなギャンブルではありません。あくまでもチャート分析を勉強して、自分自身の中で根拠のある“投資”をするという取引方法です。

FXのレバレッジをかけた取引よりもリスクが少ないという声もありますが、それはチャートの見方などを勉強した上で投資する事を前提とした意見ですので、リスクを伴うことはしっかりと意識しておきましょう。

また、仮想通貨取引におけるHighLow(ハイロー)では、ボラティリティが大きいので儲けやすいのは確かですが、同じ確率で損失を出すリスクがある事を強く意識しておく必要があります。

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)の口座開設方法

それでは、HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)の口座開設方法を見ていきましよう。

口座開設については全て日本語ですので、画面に従って入力をしましょう。

また、本人確認書類の提出が必要ですので、以下の書類の内いずれかをあらかじめ写真に撮っておくと、アップロードの際にスムーズです。

【1.写真付き本人確認書類】

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カード不可)
  • パスポート写真欄および住所自書欄

以上のいずれか。

【2.郵便物等】

  • 公共料金
  • 政府市区町村発行の通信等、納税通知書、ねんきん定期便、選挙投票通知
  • 固定、携帯電話、インターネット、生命保険、銀行、クレジットカード明細など

以上のいずれか。

▼1.公式サイトにアクセス

まずは、公式サイトにアクセスしてください。

▼2.登録

下記画面より、「無料登録はこちら」あるいは「新規口座開設」をクリックしてください。

どちらからでも同じ登録画面が表示されます。

お客様基本情報を入力

まずは、お客様基本情報として、下記項目を入力しましょう。

  • 居住国:日本(JPY)
  • お名前(漢字):「姓」「名」共に漢字で入力してください。
  • お名前(カナ):「姓」「名」共にカタカナで入力してください。
  • メールアドレス:メールアドレスを入力してください。
  • パスワード:ログインパスワードを入力してください。

入力を終えると以下のようなイメージになりますので、「次へ:追加情報を入力」をクリックしてください。

お客様詳細情報を入力

次に、詳細情報の入力画面になりますので、下記の情報を入力しましょう。

提出する本人確認書類と同じ内容を、間違いの無いように入力してください。

  • 郵便番号:「郵便番号」の欄にxxx-xxxx(ハイフン付き)を入力しましょう。
  • 市区・郡町村名:上記の郵便番号を入力する事で、自動的に入力することができます。
  • 町・字名:市区・郡町村名の続きを入力してください。
  • 丁目・番地:丁目および番地を数字で入力してください。(半角入力でOKです)
  • 建物名:マンション名と部屋番号を入力してください。
  • 生年月日:半角数字で、西暦で入力してください。
  • 性別:性別を選択してください。
  • 電話番号:携帯電話の番号を入力してください。

入力を終えると以下のようなイメージになります。

下にスクロールし、「全ての法的書類を十分に理解した上で〜」にチェックをして、「照合作業を実施」をクリックしてください。

▼本人確認書類の提出

お客様詳細情報の入力を終えたら、本人確認書類をアップロードします。

書類については以下の2種類が必要ですので、スマホなどで写真に撮り、アップロードしましょう。

【1.写真付き本人確認書類】

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カード不可)
  • パスポート写真欄および住所自書欄

以上のいずれか。

【2.郵便物等】

  • 公共料金
  • 政府市区町村発行の通信等、納税通知書、ねんきん定期便、選挙投票通知
  • 固定、携帯電話、インターネット、生命保険、銀行、クレジットカード明細など

以上のいずれか。

提出する書類はリストから選択することが出来ます。

アップロードをすると以下のような画面になりますので、「アップロードして手続きを完了させる」をクリックしてください。

▼登録完了画面

書類のアップロードが完了すると、以下のような画面になり、登録が完了となります。

本人確認の完了には約1営業日ほどかかりますので、しばらくお待ちください。(2018年12月10日現在、登録から1時間ほどで承認されました。)

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)の使い方

それでは、HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)の使い方を簡単に見ていきましょう。

▼ログイン方法

ログインについては、登録したメールアドレスに記載されている「ユーザーID」と、登録したパスワードでログインします。

※ログイン時に使うIDは、登録したメールアドレスではなく、メールアドレスに届いている「HL」から始まるIDです。

▼デモ取引

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)では、本人確認が終わるまで、取引が出来ません。

ですので、その間はデモ取引でHighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)の使い方に慣れておきましょう。

デモ取引では、もちろん資産が減ることはありませんので、色々な機能を使ってみてください。

デモ取引画面にアクセスするには、画面上メニューの「初めての方」をクリックし(下記画面①)、表示されたメニューから「クイックデモ」(下記画面②)をクリックしてください。

デモ画面が表示されます。

デモ取引では、為替取引のHighLow(ハイロー)を操作することが出来ますので、感覚を掴んでおきましょう。

▼暗号資産(仮想通貨)の入金方法

本人確認が終わったら、入金が出来るようになります。入金方法は以下の方法が選択できます。

  • クイック入金
  • 銀行入金
  • ビットコイン
  • クレジットカード(VISAかMasterCard)

HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)では、BTC(ビットコイン)またはBCH(ビットコインキャッシュ)の入金に対応していますので、ここでは、ビットコイン入金について紹介します。

入金するにはウォレットである「bitpay(ビットペイ)」への登録が必要です。「bitpay」のアプリは入出金画面にあるリンクからダウンロード可能です。

マイページから「入金/出金」画面

入金するには、ログインしたページの「マイページ」から、「入金/出金」をクリックしてください。

入金方法の選択画面

入金方法の選択画面になりますので、「ビットコイン」をクリックしてください。

入金額入力画面

ビットコインの入金額入力画面が表示されますので、入金する金額を「円(¥)」で入力してください。最低入金額は5,000円です。

金額を入力すると、下記のようなイメージになりますので「入金する」をクリックしてください。

「bitpay」での支払い画面が表示されますので、「Bitcoin」をクリックしてください。

※BCH(ビットコインキャッシュ)を入金する人は「Bitcoin Cash」をクリックしてください。

入金先のQRコードが表示されますので、ウォレットアプリなどでQRコードをよみとって入金が出来ます。

HighLow(ハイロー)バイナリーオプションの口座開設・評判・使い方 〜まとめ〜

HighLow(ハイロー)、バイナリーオプションの取引は、価格の上昇か下落の二択を選ぶだけの投資方法です。

気軽に投資が出来る取引ですが、チャート分析などをしっかりと行い、納得した形で投資を行わなければ、一瞬で損失を出してしまう危険性もあります。特にボラティリティの高い仮想通貨取引では、一瞬の判断が求められる繊細な取引である事を意識しておく必要がありますね。

それでは最後に、暗号資産(仮想通貨)でHighLow(ハイロー)が出来る「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」について、まとめておきます。

  • HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)では5銘柄の暗号資産(仮想通貨)取引が可能
  • サポートが日本語に対応している
  • ASIC(オーストラリア証券投資委員会のライセンスを保有している
  • 万が一の倒産時に備えて「ロイズ保険組合」に加盟している
  • デモ口座の解説でデモ取引が出来る

インターネット上でも評価の高い「HighLow Australia(ハイロー・オーストラリア)」は、サポートが日本語に対応しているなどの安心感がありますね。まずは、デモ取引で機能や操作性を自分自身で確認して、実際の取引を行う事をオススメします。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICO、暗号資産(仮想通貨)を利用したサービスへの参加については、リスクを伴うことがあります。HighLow(ハイロー)を利用する場合にも、これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。