ETC(イーサリアムクラシック)のハッキング被害は51%攻撃!その内容とは!?

ETC(イーサリアムクラシック)がハッキング被害に遭ったというニュースは記憶に新しいと思います。

その攻撃は、これまでに行われた仮想通貨取引所のウォレットへの攻撃ではなく、ブロックチェーンそのものに働きかける51%攻撃でした。

そこで今回は、まずETC(イーサリアムクラシック)とはどういったコインであるかについて簡単に触れながら、ブロックチェーンへの51%攻撃とはどのようなものなのかを把握し、ETC(イーサリアムクラシック)が今後どのような対策を行うのかを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
51 %攻撃!?言葉だけ聞いたことあるにゃん。
ビット先生

ビット先生
暗号資産も前向きな情報と後ろ向きな情報があるぞぃ。実態を正しく理解することが大切じゃぞぃ。

ETC(イーサリアムクラシック)とは!?

今回、51%攻撃に遭ったETC(イーサリアムクラシック)は、現在のETH(イーサリアム)の基となる仕組みです。

そもそもETC(イーサリアムクラシック)は、元々一つのETH(イーサリアム)というコインだったモノが分岐(ハードフォーク )で誕生したコインなのです。

ETC(イーサリアムクラシック)の誕生も、大規模なハッキング事件である「The DAO事件」がきっかけとなっています。

2つのコインを簡単に説明すると次のようになります。

  • ETC(イーサリアムクラシック):事件前からのオリジナルチェーンを継承したチェーン
  • ETH(イーサリアム):ハードフォークにて新しく生まれ変わった、オリジナルとは別の新たなチェーン

この2つのチェーンは、元をたどると同じチェーンに行き着きます。

※The DAO事件やETC(イーサリアムクラシック)誕生の詳細については「イーサリアムクラシックの開発企業、資金繰り難で閉鎖」で分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ブロックチェーンの51%攻撃とは!?

これまで大規模なハッキング被害と言えば、仮想通貨取引所のウォレットが不正アクセスされ、コインが盗まれるというものでした。

これは、主にウォレット管理の問題であり、ブロックチェーンや盗まれたコインのシステム自体が危険というわけではありませんでした。

※一部報道で、コインや暗号資産(仮想通貨)が危険だと誤解してしまう“表現”が使われていたので、勘違いをしてしまった人も多かったと思います。

しかし、ETC(イーサリアムクラシック)への攻撃は、ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムであるPoWの仕組みを利用した攻撃であり、51%が成功すると二重支払いという不正が可能になります。

このように書くと、まるでブロックチェーン上の過去データが書き換え可能というイメージになってしまいますが、それは違います。

51%攻撃でできる事は、あくまでもブロックチェーンへ記録される前段階の「取引(トランザクション)」に細工をすることであり、過去に記録されたチェーンを遡ってデータを書き換えることはできません。

ここで、51%攻撃でできる事とできない事を把握しておきましょう。

▼51%攻撃でできる事

51%攻撃にできる事は、主に以下の1点です。

  • 二重支払い

二重支払いとは、BTC(ビットコイン)をはじめとするコインを、二重に送金してしまうという問題です。

例えばAさんがBさんに1BTCを送金した場合を例にイメージしてみましょう。

「AさんのウォレットからBさんのウォレットへ1BTCを送金する」という取引(トランザクション)が実行されます。

取引(トランザクション)が開始されると、マイナーによる承認作業が始まります。

マイナーによる承認作業によって取引に不正が無いことが確認されると、ブロックチェーンに記録されます。

この承認作業の時、Aさんが、取引(トランザクション)の内容を不正にコピーして、もう一つの(取引)トランザクションである「AさんのウォレットからCさんのウォレットへ送金する」を作ります。

Aさんが不正に作った取引(トランザクション)を、悪意を持ったマイナー51%以上が承認した場合、「AさんのウォレットからBさんのウォレットへ1BTCを送金する」という正しい取引(トランザクション)ではなく、51%以上が承認した「AさんのウォレットからCさんのウォレットへ送金する」という不正な取引(トランザクション)がブロックチェーンに記録されることになります。

1つの取引(トランザクション)をコピーして、不正な取引(トランザクション)を作り出すことで、一時的に二重の取引(トランザクション)が存在することになります。

ブロックチェーンに記録されるものは不正のない取引(トランザクション)ですが、取引(トランザクション)が不正か否かを判断するのは、それが51%以上が承認した取引(トランザクション)であるか否かなのです。

これが二重払いです。

▼51%攻撃でできない事

51%攻撃でできない事は以下の通りです。

  • 過去のブロックチェーンのデータ改ざん
  • ウォレットからのコイン盗難です。

51%攻撃を行なっても、過去のデータ改ざんは不可能です。一度ブロックチェーンに刻まれた記録は、書き換えることはできません。

また、暗号資産(仮想通貨)を保管するウォレットを操作することも不可能です。

これは、仮想通貨取引所や個人のオンラインウォレットなどの、他人のウォレットを操作する類の攻撃ではなく、発行された取引(トランザクション)が、ブロックチェーンに記録される前段階で不正を行い、承認する方法だからです。

ETC(イーサリアムクラシック)のハッキング被害は51%攻撃によるもの

ETC(イーサリアムクラシック)は、上記の51%攻撃によるハッキング被害でした。

ETC(イーサリアムクラシック)も、コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用しているため、51%攻撃が実現してしまったのです。

▼ハッキング被害に遭った取引所

今回、ハッキング被害に遭ったのは仮想通貨取引所でしたが、これまでのようにウォレット管理があまかったわけではなく、51%攻撃による被害です。

被害に遭った仮想通貨取引所は以下の通りです。

  • YoBit.Net:ロシア
  • Gate.io:中国

被害総額は約21万9500ETCで、日本円にして約1億2000万円の被害が出ています。

▼ETC(イーサリアムクラシックへのハッキングはホワイトハッカーの仕業?

今回のETC(イーサリアムクラシック)におけるハッキング被害では、コインが返還されたという情報があります。

その理由としては、ハッキングがホワイトハッカーであるとの考察があるのです。

ホワイトハッカーとは、悪意のあるハッカー(クラッカー)ではなく、本来の意味のハッカー(ハッキングを悪用しない技術者)です。

目的としては、ETC(イーサリアムクラシック)のチェーンに脆弱性があることを示したかったのではないか、とのことです。

51%攻撃を仕掛け、実際にコインを盗めるという事実を示したわけですね。

▼ブロックチェーンが51%攻撃に遭うという意味

ブロックチェーンが51%攻撃に遭うことは、ブロックチェーンへの不信感にも繋がります。

「不正や改ざんができない」ことは事実ですが、それはブロックチェーンに記録された情報にのみ当てはまります。

ブロックチェーンに記録する前、マイナーが承認する前の取引(トランザクション)に不正が起こり、不正な取引(トランザクション)がブロックチェーンに記録されては防ぎようがありません。

最も、取引(トランザクション)に不正を働く51%攻撃などは、ブロックチェーン技術や暗号資産(仮想通貨)に価値があるからこそ行われますが、51%攻撃が簡単にできてしまうということになれば、それらの価値は崩壊します。

ですので、悪意で51%攻撃を行う目的があるとすれば、瞬間的な資産の増加というよりも、ブロックチェーン技術や暗号資産(仮想通貨)を本気で否定したいという動機ということになります。

今後の対策

盗まれたコインが返還されたとはいえ、今回の攻撃を受けてETC(イーサリアムクラシック)は、公式ツイッターにて、確認ブロック数を4000へ引き上げるように呼びかけました。

PoWにおけるマイニングに対して、今後注意深く慎重になるための良いタイミングにはなったでしょう。

本当にホワイトハッカーの仕業ならば、狙い通りですね。

これまでに51%攻撃を受けたアルトコイン

これまでにも、51%攻撃を受けたアルトコインは存在します。

日本発のアルトコインであるMONA(モナコイン)は、2018年5月に被害を受け、当時の価値にして1000万円の被害を受けたことが報告されています。

また、Verge(バージ)も2018年に被害を受けており、当時の価値にして2億円相当のコインを盗まれました。これを受けて、ハードフォーク を行うことで処置をしています。

Verge(バージ)については、そもそもコインシステムに原因があったようです。

ETC(イーサリアムクラシック)のハッキング被害は51%攻撃!その内容とは!? 〜まとめ〜

ETC(イーサリアムクラシック)のハッキング被害は、51%攻撃によるものでした。ただし、コインは返還され、ホワイトハッカーの仕業だったという結論になろうとしています。

51%攻撃は、ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムの中でもPoWを採用しているシステムのみに起こり得る攻撃です。

もちろん、BTC(ビットコイン)も例外ではありません。

しかし、そもそも51%攻撃を行えば一時的には資産を増やすことができますが、ブロックチェーン自体の信用も失墜させる攻撃とも言えます。

ただでさえ、BTC(ビットコイン)をはじめ、暗号資産(仮想通貨)は2019年2月8日現在も価格は低迷中です。そこに51%攻撃などブロックチェーン自体に関わる攻撃を行えば、価格下落に追い打ちをかけてしまうことになりかねません。

ですので、まずは51%攻撃などのハッキング被害がどのような内容なのかをイメージできるように、分からない事象については情報収集が大切ですね。

※仮想通貨取引所の利用、また暗号資産(仮想通貨)取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

Telegrama・LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
ビット先生のテレグラム
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨取引でよく聞く「セリクラ」ってなに?

Zaifハッキング被害の実態と個人でセキュリティ強化の時代へ

仮想通貨市場で話題の”ETF”って何!?その影響は!?

テックビューロのIR

【速報】CMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

コールドウォレットのWodca(ウォッカ)とは!?暗号資産を贈り物に!?

G20首脳会議で国際課税システム構築の検討開始!?