コールドウォレットのWodca(ウォッカ)とは!?暗号資産を贈り物に!?

現在、電子マネーは様々な形で手に取ることができます。その一つがコンビニなどでよく見かけるカード型の電子マネーです。

iTunesやGoogleStore、LINEなど多数の種類が販売されていますね。

これらと同じようなカード型で“手で触れることができる“暗号資産(仮想通貨)として登場するのが「Wodca(ウォッカ)」です。

今回は、そもそもWodca(ウォッカ)とは何なのか、Wodca(ウォッカ)の特徴を交えながら、どのような用途に利用できるのかを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
手に触れることができる暗号資産(仮想通貨)って、、、全く想像が出来ないにゃん。
ビット先生

ビット先生
内容を知ると凄くシンプルなもので、全く難しいものではないぞぃ。広がりがみえるかどうかは現時点では判断できないのじゃが。

Wodca(ウォッカ)ってなに?

引用元:Wadca公式Medium

暗号資産(仮想通貨)は基本的に、手で触れることのできない資産であり、確認するにはPCやスマートフォンの画面を通して数字として見るしかありませんよね。

しかし「Wodca(ウォッカ)」は、カード型のウォレットとして、暗号資産(仮想通貨)を手で触れることができ、それを人と人との間で物理的なやり取りを可能にしました。これにより、暗号資産(仮想通貨)を友人などへの贈り物として活用することも可能になります。

これまでのウォレットは、自分自身の資産となる暗号資産(仮想通貨)の秘密鍵を保存し、自分だけが所有するハードウォレットとして存在していましたし、機器自体の価格も1万円を超えるなど、気軽に他人に渡せるモノではありませんでした。

しかし、Wodca(ウォッカ)は、それぞれのカードが一つのウォレットとして発行された、「ID」や「ウォレットアドレス」、「プライベートキー」が記載されています。カード1枚につき1ウォレットが存在するのです。

Wodca(ウォッカ)の基本情報

まずは、Wodca(ウォッカ)の基本情報を確認しておきましょう。

▼基本情報

運営会社 株式会社ウォッカ
住所 東京都渋谷区神宮前6-19-16 U-natura 6F
Service site https://wodca.jp/
Corporate site https://wodca.co.jp
E-mail info@wodca.jp
Instagram http://qq2q.biz/lQDv
Facebook http://qq2q.biz/SpKM
Twitter http://qq2q.biz/oVSc
Medium http://qq2q.biz/Vyt4
Telegram http://qq2q.biz/WpYb

Wodca(ウォッカ)でできること

Wodca(ウォッカ)でできることは、暗号資産(仮想通貨)のウォレットをカードとして持ち歩けることや、他人に暗号資産(仮想通貨)をウォレットごとプレゼントするなど、目に見える形で移動させることです。

Wodca(ウォッカ)を発行する株式会社Wodcaが想定している使い方としては以下の3つです。

  • ビットコインなどのトークンをリアルなカードで提供
  • キャンペーンでのインセンティブとして簡単に導入可能
  • セキュリティが守られたコールドウォレットとしての活用

カード型のウォレットは、本体自体が薄いカードなので財布などに入れて持ち歩くこともできますし、イベントなどで暗号資産(仮想通貨)を配ることも容易です。

現在、暗号資産(仮想通貨)をインセンティブとして配布するにも、配る相手のウォレットアドレスを事前に確認しておく必要があります。

しかし、Wodca(ウォッカ)ならば、ウォレットアドレスごとカードとして配布できるため、ウォレットアドレスの確認漏れや記載ミスなどのトラブルを防ぐことにも繋がり、確実にコインを渡すことができます。

Wodca(ウォッカ)のセキュリティ

Wodca(ウォッカ)は、セキュリティ面でもその他のウォレットより優れています。

Wodca(ウォッカ)は、簡単に言ってしまえばペーパーウォレットです。カードの裏面にウォレットアドレスからプライベートキーまでが記載されているカードですので、完全にインターネットから切り離されています。

現在私たちが、所有するウォレットのプライベートキーを印刷して保管しているようなものですね。

インターネットに接続されていなければ、ハッキング被害に遭うこともありませんし、万が一PCやスマートフォンが壊れても、プライベートキーをデータとして保存しているわけではないので失うことはありません。

暗号資産(仮想通貨)のセキュリティで最も優秀な管理方法は、プライベートキーをインターネットに繋がる機器でデータとして管理“しない”ことです。

こういった面では、Wodca(ウォッカ)のセキュリティは優秀だと言えます。

もちろん、カードの紛失や破損(記載事項が確認不能になる状態)だけは、自己管理で避けなければなりません。

Wodca(ウォッカ)のカードに記載されている項目

引用元:Wadca公式Medium

実際のWodca(ウォッカ)には、以下の情報が記載されます。

  • ID(アクティベーション用のID)
  • Access Code(アクティベーション用パスワード)
  • Wallet address
  • Private Key

パソコンやスマートフォンを操作していると複雑に感じますが、実際私たちが使っている情報はこんなにシンプルであることが分かりますね。

必要最小限の情報をカードに記載し、カード一枚で暗号資産(仮想通貨)をウォレットごと物理的に移動できるというのが、Wodca(ウォッカ)最大の魅力です。

Wodca(ウォッカ)の利用方法

それでは、Wodca(ウォッカ)の利用方法を見ていきましょう。

Wodca(ウォッカ)のカードを手に入れたら、以下の手順でウォレットを利用します。

  1. アクティベーション
  2. トークンの確認
  3. トークンの送信

▼1.アクティベーション

引用元:Wadca公式Medium

Wodca(ウォッカ)のカードを入手したら、カードの記載事項に沿って、Wodca(ウォッカ)へアクティベーションを行います。

アクティベーションには、カードの裏面に記載されている以下の情報と、メールアドレスが必要です。

登録用のWodca(ウォッカ) URLは以下です。

アクティベーションURL:https://apps.wodca.jp

因みに、アクティベーション画面は以下のようなイメージです。

▼2.トークンの確認

引用元:Wadca公式Medium

Wodca(ウォッカ)カードに保有している暗号資産(仮想通貨)は、アクティベーション後にウォレットアドレスを確認することで、PCやスマートフォンで確認できます。

もちろん、カードに記載されているウォレットアドレスに、仮想通貨取引所で得たコインを保管することも可能です。

▼3.トークンの送信

引用元:Wadca公式Medium

Wodca(ウォッカ)のウォレットアドレスに保有している暗号資産(仮想通貨)を送信するには、カード裏面に記載されているPrivate keyを利用します。

取引を行うために仮想通貨取引所へ送金する場合など、Wodca(ウォッカ) のウォレットから別のウォレットへの送金には必ず「Private key」を利用して送金を行います。

暗号資産を贈り物に!?コールドウォレットのWodca(ウォッカ)とは!

Wodca(ウォッカ)は、暗号資産(仮想通貨)をカードとして所有できるコールドウォレットです。その実態は、ウォレットアドレスとプライベートキーを“ペーパーウォレット”として所有するという方法と同等ですが、これは暗号資産(仮想通貨)のセキュリティ面においては最も優れた方法です。

また、ウォレットアドレスも含めた情報をカード型にすることで、暗号資産(仮想通貨)の配布時に起こるトラブルも最小限に抑えることができるのです。

Wodca(ウォッカ)は、そのカード自体がウォレットですので、財布などに入れて持ち歩くことも可能ですし、暗号資産(仮想通貨)をウォレットごと贈り物としてプレゼントすることもできますね。

今後、このような形の暗号資産(仮想通貨)が登場すれば、その他の電子マネーと同じように、暗号資産(仮想通貨)のコールドウォレットがコンビニで買える日が来るかもしれません。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

Telegram・LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
ビット先生のテレグラム 仮想通貨の教科書(LINE登録)
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

COMSAが上場

COMSAがついに上場(2017年12月4日)

世界NO1の投資注目国であるフィリピンの1.5兆円都市構想計画とは!?

仮想通貨の教科書~アンケート~

ビット先生のコミュニティの皆様へ ~アンケート~

レンディング(貸仮想通貨)って何?レンディング出来る仮想通貨取引所はココ!

Facebookが仮想通貨に参入

Facebookが仮想通貨・ブロックチェーン技術研究チーム立ち上げ

仮想通貨・ビットコインの時価総額

仮想通貨の時価総額21兆円へ