CloudToken(クラウドトークン)の登録・入金手順・運用方法・配当

CloudToken(クラウドトークン)の内容・登録・入金手順・運用方法

WoTokenやICBウォレットなどの“配当型ウォレット”の参加者が大きくその輪を広げています。

そして、沢山の利益を上げているという人も非常に多く見られる中、新たに登場した配当型のウォレットが「CloudToken(クラウドトークン)」です。

※Cloud Tokenは、プラストークンの世界的リーダーが新たに手掛ける、第4世代分散型モバイルウォレットと言われています。

以下は、運用開始10日目の配当合計です。CTOがしっかりと入っております。

CloudToken(クラウドトークン)の10日目の結果

【CloudToken(クラウドトークン)配当結果】

  • 1 日目:12CTO(日本円で日利約400円(月利12,000円ペース))
  • 2日目:154CTO(日本円で日利約5,128円(月利153,840円ペース))
  • 3日目:234CTO(日本円で日利約7,792円(月利233,766円ペース))
  • 4日目:427CTO(日本円で日利約14,347円(月利430,416円ペース))
  • 5日目:608CTO(日本円で日利約20,429円(月利612,870円ペース))
  • 6日目:795CTO(日本円で日利約26,712円(月利801,360円ペース))
  • 7日目:922CTO(日本円で日利約30,979円(月利929,370円ペース))
  • 8日目:972CTO(日本円で日利約32,659円(月利979,770円ペース))
  • 9日目:1, 071CTO(日本円で日利約35,986円(月利1,079,580円ペース))
  • 10日目:1, 224CTO(日本円で日利約41,126円(月利1,233,780円ペース))
CloudTokenの配当(タイトル)6月13日現在

※運用開始52日目にして、タイトルはC2となりました。コミュニティレベルは、約332万ドルです。(運用開始9日目にてC1を達成)

今回は、人気を博する配当型ウォレットの中でも新たに登場した「CloudToken(クラウドトークン)」について、CloudToken(クラウドトークン)の内容を確認しながら、CloudToken(クラウドトークン)の登録方法などを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

早く始めるほど利益率が高いことは、これまでの配当型ウォレットで既に証明されました。ですので、このような案件は早く知り、早く参加するに越したことはありません。

ただし、絶対に大きな利益が出るという保証はありませんので、あくまでも余剰資金での参加を心がけてください。

  • 世界的なPlusTokenのリーダーが仕掛ける
  • ユニークユーザー数10万人以上、世界90ヵ国からアクセス(プレオープンから3週間)
  • 「JARVIS AIボット」によって取引が自動化される
  • CloudToken(クラウドトークン)の取引システムはRonald Aai氏指導のチームが開発
  • CloudToken(クラウドトークン)で得られる報酬の目安(月利6~12%)
  • 最低投資金額は500ドル以上
  • 紹介報酬の還元率も高い(直紹介(1代)は100%、2代でも50%)
  • CloudToken(クラウドトークン)が対応しているコインは7種類
  • CloudToken(クラウドトークン)ではJPY(日本円)入金ができない
  • ウォレットアプリのダウンロードは公式Storeからではない
  • ユーザービリティが良く、画面がみやすく、使いやすい
  • 銀行レベルのセキュリティ技術
  • SMS認証が不要
  • 2019年7月~8月に世界中のATMで使えるデビットカード発行予定
にゃんこ

にゃんこ
ビット先生・・3つ目も取り組むのかにゃん。ビット先生が手掛けるのであれば、気になるにゃん。
ビット先生

ビット先生
CloudTokenは、色々と調べたぞぃ。世界的に普及しそうなニオイがしたので、ビット先生は参加することにしたぞぃ。

※類似サービスのSCFトークンは流行らないとビット先生は考えています。実際にそこまで普及している印象はありません。一方で色々調べた結果として、CloudTokenは早期参入の価値があると思っております。(リスクはありますので自己責任にてお願いします)

【ビット先生経由でご参加される方への2大特典】

1.※CloudTokenもICBウォレット・WoTokenのように上手く運用できた場合には、ビット先生利益還元祭の実施。(総額100万円)

  • 要請コード:5302902670

※紹介コードは上記の10桁の番号です。本番号を利用することによりビット先生経由として把握することができます。

2.CloudTokenに関する最新情報・裏側の情報などをプライベートテレグラムに配信

※参考情報:【ビット先生の利益還元祭は、ICBウォレットにて約250万円相当のXRP、WoTokenで約200万円相当のETHの還元祭を予定されています】

※CloudTokenの利益還元祭・専用テレグラムのご招待期日:2019年7月15日にて終了させて頂きました。多数のご申請頂きましてありがとうございました。

CloudTokenのビット先生利益還元祭申請フォーム

※【重要】運用が稼働してから上記のご登録をお願いします。

※利益還元祭は、売却成功利益からの還元となります。利益が出なかった場合には還元対象外となりますのでご了承ください。また、分配金額は、総額予算から該当者にて按分して分配させて頂きます。

目次

CloudToken(クラウドトークン)ってなに?

CloudToken(クラウドトークン)ってなに?

WoTokenやICBウォレットよりも前に、配当型ウォレットの実績を作ったPlusTokenを覚えていますでしょうか。

PlusTokenでは、先行して参加したユーザーが莫大な利益を上げたことでも話題になり、その後の配当型ウォレット人気に繋がっています。

ご参考までに実際にPlusTokenの価格上昇をご覧ください。

PlusTokenの価格上昇

※PlusTokenは、約1年で約185倍になっています。

今回紹介する「CloudToken(クラウドトークン)」は、PlusTokenと同じプロモーターが新たに手掛けるプロジェクトであり、”第4世代分散型モバイルウォレット“と言われています。

PlusTokenと同じプロモーターという部分は、やはり期待せずにはいられません。

CloudTokenのリーダー

これまでの配当型ウォレットへ参加したいけどもう遅いのでは・・・と思っている人も多いようですが、この「CloudToken(クラウドトークン)」は、2019年4月13日にスタートしたばかりの配当型ウォレットですので、日本国内でも知る人は限りなく少ない案件です。

なお、CloudToken(クラウドトークン)で配当されるCTOの価格は、2019年4月21日現在0.3ドル(日本円で約33円)です。

にゃんこ

にゃんこ
価格が安い間が大きなチャンスであることはWoTokenで十分に理解したにゃん。今回は参加を検討したいにゃん。
CloudTokenの価格・配当

CloudToken(クラウドトークン)の基本情報

CloudToken(クラウドトークン)の基本情報

まずは、CloudToken(クラウドトークン)の基本情報を確認しておきましょう。

▼基本情報

サービス開始時期 2019年4月13日
CTOトークンの供給量 10億枚
公式ダウンロードサイト http://www.cloudtokenwallet.com/

▼【JARVIS AIの契約条件】

毎月の利益 6%~12%
最小投資金額 500ドル以上
契約期間 無制限
出金手数料
  • 30日以内の場合は8.9%
  • 30日後の場合は0%
利益発生頻度 毎日
出金最低金額 10CTO(ETHに変換可能)

CloudToken(クラウドトークン)の特徴

それでは、CloudToken(クラウドトークン)の特徴を見ていきましょう。

▼ 「JARVIS AIボット」によって取引が自動化される

これは取引戦略に基づく取引アルゴリズムをAIによって行うシステムで、CloudToken(クラウドトークン)では「JARVIS AIボット」を起動することにより、自動的な取引を開始します。

※運営側の考え方で、注文履歴を公開しているそうです。

CloudTokenの売買情報

JARVIS AIボットにより得た利益が配当されるということですね。

ですので、これまでの配当型ウォレットと同じように、ユーザーが行うことは「預けておく」だけということです。

にゃんこ

にゃんこ
運用状況の公開とは、紳士的な考え方をする運営人だにゃん。
ビット先生

ビット先生
サービスが始まったばかりなので、実態はまだまだわからないぞぃ。でも、この考え方は評価できるぞぃ。

CloudToken(クラウドトークン)の公式オープンイベント

CloudTokenのオープンニングイベント

2019年5月12日にバンコクにて非常に華やかに公式オープンイベントが実施されました。

当日は、プレオープンからサービスを開始をしていた中国勢の方が多数来場しています。

CloudTokenのオープンニングイベント2

▼ CloudToken(クラウドトークン)の取引システムはRonald Aai氏指導のチームが開発

CloudToken(クラウドトークン)で利用されているのが、インテリジェント取引ソフトウェアである「JARVIS AI」というシステムです。

このシステムを開発したのがRonald Aai氏が指導する「BIT BETA」と呼ばれるチームなのです。

CloudToken開発者

Ronald Aai氏は、これまでもブロックチェーン技術に関わる分野で多くの経験を積んでいる人物で、「BIT BETA」は、Aai氏が経営する会社です。Ronald Aai氏は、Worlds Blockchain Forum(WBF)にも参加しています。

ロナルドはプログラミングとテクノロジーエンジニアリングに精通している家族に生まれた技術的な天才であり、5歳の時に父親の指導のもとで初めてコンピュータープログラミングの分野に入り、大衆社会における社会保障意識の低さの時代に授与されました。 DOS用のウイルス対策ソフトウェアの最初のバージョンを作成するために招待されました。19歳の時に、彼はわずか6か月で35万人のメンバーに開発され、その後マレーシアのプログラミングコミュニティの神話である上場企業に売却されたオンラインソーシャルネットワーキングウェブサイトシステムを開発しました。

インターネット技術開発の初期の頃、ロナルドはマレーシア国防省(MINDEF)と協力してUNSPSCに基づく企業資源計画(ERP)システムを開発するために半政府技術機関によって採用され、それはまた何十人ものチームをマレーシア最大の自動車にしました。製造業者Peroduaの材料資源計画(MRP)システムが開発され、このシステムは製造業者の独占著作権の後にマレーシアの地元の重金属作業に広く使用された。

2000年代初頭、Ronaldの個人的な熱意とモバイルデバイスの意識は、彼がアルゼンチンと韓国、そしてSamsung、Sewon、LGのトップソフトウェアエンジニアに、スマートフォンがまだ市場に出ていないときの社内のバックオフィス調査について学ぶように導きました。数年後、彼はSkyworks、Sagem、Wavecomチップセットプラットフォーム(Rearch&Development)の開発についてデンマークのエンジニアと協力しました。そして2003年には、中国の深圳にある大手携帯電話メーカーのソフトウェアとハ​​ードウェアの設計を担当する最高技術責任者を務め、ソニーやモトローラなどの携帯電話メーカー向けに1年間で20を超えるテンプレートを発売しました。

若い成功は若い技術者を遅らせませんでした。2004年に、彼は彼自身のスマートフォンとソフトウェア開発会社Maxitechを設立しました。Maxitechは、スマートフォンテクノロジの市場から離れたテクノロジの優れた業績に対して、米国およびアジアで数十の賞を受賞しています。最後に、同社は仮想ゲーム機プラットフォームを使用するために5000万人以上のユーザーを魅了しました。これは最終的にシンガポールに本社を置くCorous360 Pte Ltdに買収されました。その後、2017年にシンガポールで、Ronaldと彼のチームはBit Beta Systemのビットシステムを開発し始めました。

にゃんこ

にゃんこ
経歴が優秀そうだにゃん。でも、にゃんこには難しい用語が多くてわからなかったにゃん。

▼CloudToken(クラウドトークン)の「認知度急拡大!!」配当ウォレット史上過去最高スピード!?

CloudToken(クラウドトークン)の利用者数

2019年4月13日にプレオープンしましたが、2019年5月6日時点では既に以下の状況です。

【2019年5月6日現在】

  • ユニークユーザー数:10万人以上
  • 常時アクセス:7,000名以上
  • 国:世界90ヵ国

公式オープンが2019年5月12日ですので、オープン前にユニークユーザー数が10万人を突破した驚異の結果になっています。

※ユニークユーザー数と、アプリの利用者数は異なります。

▼CloudToken(クラウドトークン)で得られる報酬の目安

CloudToken(クラウドトークン)で「JARVIS AIボット」を起動して得られる利益の目安は以下となります。

  • 毎月の利益は約6%〜12%
  • 毎日の利益は約0.3%(利益は毎日発生します)
  • 期間:無制限

▼CloudToken(クラウドトークン)で価格推移

【CloudTokenの価格】

  • 4月13日₋0.3ドル(プレオープン)
  • 5月11日₋0.31ドル
  • 5月12日₋0.33ドル(公式オープン)
  • 5月14日₋0.34ドル
  • 5月16日₋0.345ドル
  • 5月20日₋0.352ドル
  • 5月22日₋0.359ドル
  • 5月23日₋0.3669ドル
  • 5月24日₋0.3698ドル
  • 5月26日₋0.3783ドル
  • 5月29日₋0.3790ドル
  • 6月1日₋0.3990ドル
  • 6月4日₋0.4050ドル
  • 6月8日₋0.4120ドル
  • 6月11日₋0.4190ドル

CloudTokenの公式オープン前後より価格がゆっくりと上昇を始めております。

まだまだ初動のタイミングと考えられます。

▼最低投資金額は500ドル以上

CloudToken(クラウドトークン)の「JARVIS AIボット」を起動するには最低500ドルが必要です。ですので、最低投資金額は500ドルということですね。

※運用金額が暗号資産の下落で500ドルを下回ると運用が停止するため、余力をもって投資金額を入れましょう。(変動要因を考えてUSDTで500ドル入れる方がおりますが、運用開始する際に人件費の手数料が必要となるため、600ドル入れると安心です)

WoTokenなどと比べると、比較的最低投資金額のハードルは低く、参加しやすいのではないでしょうか。

ビット先生

ビット先生
最低投資額は、PlusTokenと同じだぞぃ。

▼紹介報酬の還元率も豊富

CloudTokenのアフィリエイト報酬

CloudToken(クラウドトークン)ではもちろん、自身のコードを使って紹介することで、そのレベルによる報酬が受け取れます。

報酬のパーセンテージは以下となります。

【CloudTokenの紹介報酬】

  • レベル1:直紹介(1代)の人が得ている収益の100%
  • レベル2:孫(2代)の収益の50%
  • レベル3~15:収益5%

※レベル1(直紹介(1代))の人数が16人を達成すると、レベル16~21の収益の5%が追加されます。

『直紹介人数=レベルの階層』となります。

※直紹介者数が4名であれば、レベル4までの報酬しか得ることができません。

WoTokenよりは比較的分かりやすい報酬ルールになっていますので、計算がしやすいのではないでしょうか。また、WoTokenより報酬率は低そうな状況ですが、WoTokenの爆発力を意識した報酬形態がしっかりと組まれています。

▼その他、Group Business Volumeによる報酬あり

WoToken同様にコミュニティ業績に応じた報酬制度があります。

C1~C5までのタイトルがあり、最初のC1達成条件は、Group Business Volumeで20万ドルの達成が必要です。

C1になるとグループの報酬の5%が追加で入りますので、是非目指していきたいところです。

  • C1:全体グループ収益の5%が還元(条件:組織売上200,000USD)
  • C2:全体グループ収益の10%が還元(条件:C1が3系列)
  • C3:全体グループ収益の15%が還元(条件:C2が3系列)
  • C4:全体グループ収益の20%が還元(条件:C3が3系列)
  • C5:全体グループ収益の25%が還元(条件:C4が3系列)

※C2及びC3は、グループ内に同タイトル者が登場するとその報酬条件は失う。

CloudTokenの配当(タイトル)6月13日現在

▼ CloudToken(クラウドトークン)が対応しているコインは7種類

CloudToken(クラウドトークン)には以下7種類のコインが対応しています。

  • ETH
  • USDT
  • BTC
  • LTC
  • BCH
  • DOGE
  • TUSD

BTCやETHなどの主要なコインは抑えてありますので、それらを日本の仮想通貨取引所で購入して、CloudToken(クラウドトークン)へ送金してから運用開始という手順になりますね。

▼ CloudToken(クラウドトークン)ではJPY(日本円)入金ができない

これは、その他配当型ウォレットに共通することですが、CloudToken(クラウドトークン)でも、日本円であるJPYには対応していません。

ですので、現在取引をせずに保持し続けているコインを、CloudToken(クラウドトークン)へ預けて資産運用をするというのも、ひとつの選択肢となりますね。

▼ウォレットアプリのダウンロードが公式Storeからではない

WoTokenと同じように、CloudToken(クラウドトークン)もまたAndroidやiOSの公式Storeからはインストールできず、CloudToken(クラウドトークン)の公式サイトからのダウンロードとなります。

これは、アプリのアップデートを迅速に行うための配慮であると考えられます。

AndroidやiOSの公式Storeを通すことで、ダウンロードできるようになるまでにタイムラグが生じてしまうのです。

スピードが命となる配当型ウォレットのような案件では、直接ダウンロードしてもらうことこそ、ユーザーへの最大の利益が考えられた方法だということですね。

ただし、インストール後には、スマートフォン側でアプリの使用許可を設定しなければなりませんので注意が必要です。

※使用許可設定については、手順の中で記載していますので参考にしてください。

▼ CloudToken運営側のサポート体制について

2019年5月末までに、カスタマーサポート(英語)が利用できるようになります。

※運営側のサポートがあることは安心材料になります。

▼ Walletアプリのクレジット機能が実装予定

5月12日までにユーザーにリリースされる予定です。実際のクレジットカードはバンコクで世界的なローンチイベントのメンバーに渡されます。
クレジットカードでアプリにログインして、そこで暗号通貨を買う際に利用することができます。

CloudToken(クラウドトークン)の出金手数料

CloudToken(クラウドトークン)の出金手数料は、30日以内の引出しは他の類似サービスと比べると高いですが、30日以降の出金手数料は0%です。

  • 30日以内の場合は8.9%
  • 30日後の場合は0%

ICBウォレットは90日間、WoTokenは45日間の期間による出金手数料の変動要因がありましたが、CloudTokenは30日と非常に短いため、拘束期間が短いことは利用者にとって嬉しいことです。

また、30日以降の出金手数料が0%であることは驚きです。

※別途、CTOトークン → ETHに変換するのに手数料0.5%が必要となります。

※将来的に、プリペイドカードの手数料についても無料にする予定とのことです。

CloudToken(クラウドトークン)を利用するリスク

CloudTokenを利用するリスク

CloudToken(クラウドトークン)は、今流行している配当型ウォレットであり、資産を預けておくだけで自動的に利益を得られる仕組みのひとつです。

これまでの配当型ウォレットは、多くの人が利用し、現状は多くの方が利益を創出できております。

同じようにCloudToken(クラウドトークン)も今後、順調に利益をもたらすかもしれません。

ただし、これまでの配当型ウォレットが成功したらからといって、CloudToken(クラウドトークン)も絶対に成功するとは限りません。

CloudToken(クラウドトークン)が世界的に普及するかどうかは現時点ではわかりません。サービス開始して間もないことから先行者利益を得られる可能性が高いものの、リスクがあることは十分に理解して参加する必要があります。

これらの案件は、ご自身で納得し、自己責任に元にサービスを利用する必要があります。参加を決めた場合には、生活に困らない余剰資金での運用を行うようにしてください。

CloudToken(クラウドトークン)の登録方法と使い方

CloudToken(クラウドトークン)の登録方法と使い方

それでは、CloudToken(クラウドトークン)の登録方法と使い方を見ていきましょう。

▼インストール

公式サイトへアクセス

まずは、以下の公式サイトよりスマートフォンアプリをダウンロードしてください。

公式ダウンロードサイト

※Androidでダウンロードできない方は、グーグルクロームにリンクを貼りつけて実施をしてください。

※今回は、iPhoneでの利用手順を紹介していきます。

公式サイトからのインストール

公式サイトからアプリのダウンロードリンクをタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)インストール方法1

インストール確認のポップアップが表示されますので、「インストール」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)インストール方法2

ホーム画面上に以下のようにアイコンが表示されたらインストールは完了です。

CloudToken(クラウドトークン)インストール方法4

この状態では起動することができませんので、ここから許可設定を行います。

アプリの許可

CloudToken(クラウドトークン)を使えるようにするために許可設定を行いますので、「設定」をタップしてください。

「設定」のメニューの中にある「一般」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)許可設定1

「デバイス管理」をタップします。

CloudToken(クラウドトークン)許可設定2

一覧に表示されている「YFC Technologies Pte. Ltd.」をタップします。

※バージョンアップする場合は、文字が異なることがあります。

CloudToken(クラウドトークン)許可設定3

表示された画面の「”YFC Technologies Pte. Ltd.”を信頼」をタップします。

CloudToken(クラウドトークン)許可設定4

設定の確認画面が表示されますので、「信頼」をタップします。

CloudToken(クラウドトークン)許可設定5

これで、許可設定が完了し、アプリが起動できるようになりました。

Cloud Tokenの登録

アプリが起動できるようになったら、登録を行います。

スマートフォン画面にCloudToken(クラウドトークン)のアイコンがありますので、タップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)登録1

アプリを起動して、画面の下部の「アカウントを作成します」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)登録2

「要請コード」の入力画面になります。これが紹介コードのことですので、以下の10桁の番号を入力してください。

  • 要請コード:5302902670

※10桁の番号が招待コードになります。

CloudToken(クラウドトークン)登録3

※CloudTokenもICBウォレット・WoTokenのように上手く運用できた場合には、ビット先生利益還元祭の実施を計画中。本サービスはまだ始まったばかりですので、運用状況をみて詳細をお伝えして参ります。

  • 要請コード:5302902670

※紹介コードは上記の10桁の番号です。本番号を利用することによりビット先生経由として把握することができます。

要請コードを入力すると、以下のようなイメージになりますので、「次」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)登録4

ログインパスワードの設定画面が表示されますので、ログイン時に利用するパスワードを入力してください。

  • ピンログイン:ログインパスワードを入力する

CloudToken(クラウドトークン)登録5

入力すると以下のようなイメージになりますので、「次」をクリックしてください。

CloudToken(クラウドトークン)登録6

次に、支払いパスワードの設定画面が表示されます。ここでは、ウォレットからの出金時などに使うパスワードを設定します。

  • 支払いパスワードを入力してください:6桁の数字を入力
CloudToken(クラウドトークン)登録7

入力が完了すると以下のようなイメージになりますので、「作成」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)登録8

バックアップ用の『ニーモニック』が表示されます。

ログインできなくなった場合の復旧用の重要な単語です。

【大切に保管】

  • スクリーンショットを取る
  • 手書きのメモ

※本情報は誰にも見せないようにしてください。

CloudToken(クラウドトークン)のニーモニックの登録

先ほど、スクリーンショット及びメモされた情報を元に、フレーズを選択してください。(同じ並び順で登録する必要があります)

CloudToken(クラウドトークン)のニーモニックの登録2

上記までで登録した内容の確認画面が表示されますので、忘れないようにメモしておきましょう。メモは厳重に保管してください。

また、以下の画像が表示されますので、必ずスクリーンショットを取り、保存をしてください。

※16桁の数字の番号がログインをするためのアカウント情報です。アカウントログインについては自分で決めることはできませんので必ず大切に保管してください。誤って保存を忘れると、後日ログインできない状況になります。十分お気をつけください。

CloudTokenのログインアカウント

「ログイン」ボタンをタップしてください。

これで、CloudToken(クラウドトークン)登録への登録は完了です。

▼入金〜運用方法

基本的な手順としては、以下の順となります。

  1. 日本の仮想通貨取引所でコインを購入する
  2. CloudToken(クラウドトークン)にコインを入金する
  3. 運用を開始する

「1.」については、CloudToken(クラウドトークン)では日本円(JPY)を利用出来ませんので、日本の仮想通貨取引所で「BTC」や「ETH」など、対応しているコインを購入して、CloudToken(クラウドトークン)へ入金する必要があります。

CloudToken(クラウドトークン)にコインを入金する

CloudToken(クラウドトークン)で資産運用するには500ドル以上が必要ですので、500ドル以上のコインをCloudToken(クラウドトークン)登録へ入金しましょう。

※1つの通貨で500ドル以上入れる必要があります。

CloudToken(クラウドトークン)のトップ画面に並んでいるコイン一覧から、入金するコインをタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)にコインを入金する1

コインの資産や取引履歴の画面が表示されますので、左上に表示されている「入金」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)にコインを入金する2

ウォレットアドレスが表示されますので、アドレスをコピーし、送金元となる仮想通貨取引所やウォレットへペースとして、CloudToken(クラウドトークン)へ送金してください。

CloudToken(クラウドトークン)にコインを入金する3

※入金の反映までの時間は、3分~15分程度で完了します。

運用を開始(加入)する

入金が完了したら、運用を開始します。

CloudToken(クラウドトークン)のトップ画面左上にある「三」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)運用1

メニューが表示されますので、「プロジェクト」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)運用2

加入画面が表示されます。これはCloudToken(クラウドトークン)のプロジェクト加入画面です。

プロジェクト「JARVIS AI」が表示されていますので、画をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)運用2

JARVIS AIプロジェクトについての概要と注意書きが表示されます。

以下、注意書きを翻訳したものですので、参考にしてください。

JARVIS JARVISの最新のAI技術は、消費者の過去の行動を分析し、将来の取引行動を予測するためにAI取引手法と知識を使用することによって利益を増加させます。 JARVISAIテクノロジは、世界最大の国営企業および民間企業(Wal-Mart、MasterCard、Coca-Cola、Googleなど)に適用されています。

JARVISは同じ技術、暗号通貨予測サービスを使用することができます。 強力なJARVISをユーザーに提供することで、リスクを最小限に抑えるために裁定取引戦略を使用して10種類の取引所でリアルタイムに取引できます。 推定収益率= 6-12%

確認をしたら、「この条件に同意します」にチェックを入れてください。

CloudToken(クラウドトークン)運用4

チェックを入れると以下のようなイメージになりますので、「加入」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)運用5

「加入」を終えると、コインの一覧が表示されます。

先に入金したコインで運用を始めるために、入金したコインをタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)運用6

金額入力画面になりますので、運用する金額を入力します。

金額を入力すると以下のようなイメージになりますので、「次へ」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)運用7

※入金金額全てを運用できるのではなく、手数料(人件費)が取られます。

【すべて】ボタンを押すと、余すことなく入金した金額全てを運用することができます。

預け入れた金額の確認には15分から30分必要です。

※ビット先生は、5分程度で反映されていました。

CloudToken(クラウドトークン)運用8

実際に金額確認が終了すると、以下のように反映されます。

CloudToken(クラウドトークン)運用9

また、運用が開始されると、CloudToken(クラウドトークン)のトップ画面にて、「スーパーウォレット」部分でリアルタイムによる資産を確認することもできます。

※ここの資産画面は、先ほど運用した金額は入りません。あくまで、入金した金額と配当の金額です。

CloudToken(クラウドトークン)運用10

▼ニーモニック / 2段階認証の設定

CloudToken(クラウドトークン)では、ウォレットのバージョン1.6.8以降で「2段階認証」と「ニーモニック」の設定ができるようになっていますので、設定をしておきましょう。

※ニーモニックは、万が一の時にウォレットの復元に利用します。

2段階認証の設定

2段階認証は、ログイン時の認証ではなく、出金や設定の際のセキュリティ強化です。

まずは、ウォレットアプリのトップ画面左上の「三」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)2段階認証設定1

メニューが表示されますので、「設定」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)2段階認証設定2

設定画面が表示されますので、「Google Authenticator」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)2段階認証設定3

Google Authenticatorの画面が表示されますので、「アクティブ化」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)2段階認証設定4

支払いパスワード入力画面が表示されますので、登録時に設定した支払いパスワードを入力してください。(※ログインパスワードではなく「支払いパスワード」を入力してください。)

CloudToken(クラウドトークン)2段階認証設定5

支払いパスワードを入力したら以下のようなイメージになりますので、「次へ」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)2段階認証設定6

2段階認証のQRコードとアドレスが表示されますので、画面をキャプチャーして厳重に保管してください。

※2段階認証設定後に、QRコードを読み取ったスマートフォンが壊れるなどといったトラブルがあった場合、2段階認証の再設定ができず、取り返しのつかないことになりかねません。

CloudToken(クラウドトークン)2段階認証設定7

QRコードを読み取ったら、Google Authenticatorに表示されている6桁のコードを入力してください。

入力が完了すると以下のようなイメージになりますので、「アクティブ化」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)2段階認証設定8

以下のような画面が表示され、スライドボタンが右側になっていれば設定完了です。

CloudToken(クラウドトークン)2段階認証設定9

ニーモニックの設定(Ver1.6.8までに登録された方(2019年5月4日頃))

※新規登録時にニーモニックの設定をされた方は不要です。

ニーモニックは、正式にはニーモニック認証機能で、ニーモニックを設定しておくことで、ウォレットを復元することができます。

ですので、ニーモニック認証で使用される単語は、絶対に他人に漏れることがないように、厳重に保存してください。

まずは、ウォレットアプリのトップ画面左上の「三」マークをタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)ニーモニック1

メニューが表示されますので、設定をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)ニーモニック2

設定画面が表示されますので、「ニモニック」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)ニーモニック3

支払いパスワード入力画面が表示されますので、登録時に設定した支払いパスワードを入力してください。(※ログインパスワードではなく「支払いパスワード」を入力してください。)

CloudToken(クラウドトークン)ニーモニック4

入力を終えると以下のようなイメージになりますので、「次へ」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)ニーモニック4

バックアップニーモックフレーズの画面が表示されます。この画面のフレーズは紙にメモをして大切に保管してください。

※他人に漏れてしまうとあなたのウォレットが簡単に復元されてしまいますので、厳重な管理が必要です。

フレーズのメモをとったら、「次」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)ニーモニック6

ニーモックフレーズを選択する画面が表示されますので、上記でメモしたフレーズの順番を正確にタップして、フレーズを並べてください。

フレーズの選択を終えると以下のようなイメージになりますので、「完了」をタップしてください。

CloudToken(クラウドトークン)ニーモニック7

「Mnemonic setup success」という画面が表示されたら、ニーモニックの設定は完了です。

CloudToken(クラウドトークン)ニーモニック7

CloudToken(クラウドトークン)の取引所・登録・使い方を大公開!! 〜まとめ〜

CloudToken(クラウドトークン)の取引所・登録・使い方を大公開!! 〜まとめ〜

CloudToken(クラウドトークン)は、配当型のスマートウォンアプリウォレットです。

独自の取引システムである「JARVIS AI」によって、自動的に取引を行います。ユーザーはCloudToken(クラウドトークン)に500ドル以上のコインを預けることで、「JARVIS AI」を稼働させることができ、資産運用を行えるのです。

それでは最後に、CloudToken(クラウドトークン)の特徴をまとめておきますね。

  • 世界的なPlusTokenのリーダーが仕掛ける
  • ユニークユーザー数10万人以上、世界90ヵ国からアクセス(プレオープンから3週間)
  • 「JARVIS AIボット」によって取引が自動化される
  • CloudToken(クラウドトークン)の取引システムはRonald Aai氏指導のチームが開発
  • CloudToken(クラウドトークン)で得られる報酬の目安(月利6~12%)
  • 最低投資金額は500ドル以上
  • 紹介報酬の還元率も高い(直紹介(1代)は100%、2代でも50%)
  • CloudToken(クラウドトークン)が対応しているコインは7種類
  • CloudToken(クラウドトークン)ではJPY(日本円)入金ができない
  • ウォレットアプリのダウンロードは公式Storeからではない
  • ユーザービリティが良く、画面がみやすく、使いやすい
  • 銀行レベルのセキュリティ技術
  • SMS認証が不要
  • 2019年7月~8月に世界中のATMで使えるデビットカード発行予定

配当型ウォレットは今や人気の資産運用方法です。そこに新たに登場したCloudToken(クラウドトークン)もまた、多くの利益獲得者を出すことでしょう。

このような案件は先行者がより利益を得られますので、CloudToken(クラウドトークン)の仕組みに納得ができるという人は、早めに参加することが大切です。

ただし、これまでの配当型ウォレットのように、確実に利益が出るかどうかは不明ですので、リスクを理解し、必ず余剰資金での参加を心掛けましょう。

CloudTokenのよくある質問集
CloudToken(クラウドトークン)について、多くの質問を頂いておりますので、こちらのページに質問と回答を載せますので、ぜひ参考にしてくださ...

【ビット先生経由でご参加される方への2大特典】

1.※CloudTokenもICBウォレット・WoTokenのように上手く運用できた場合には、ビット先生利益還元祭の実施を計画中。(総額100万円)

  • 要請コード:5302902670

※紹介コードは上記の10桁の番号です。本番号を利用することによりビット先生経由として把握することができます。

2.CloudTokenに関する最新情報・裏側の情報などをプライベートテレグラムに配信

※参考情報:【ビット先生の利益還元祭は、ICBウォレットにて約250万円相当のXRP、WoTokenで約200万円相当のETHの還元祭を予定されています】

※CloudTokenの利益還元祭・専用テレグラムのご招待期日:2019年7月15日にて終了させて頂きました。多数のご申請頂きましてありがとうございました。

CloudTokenのビット先生利益還元祭申請フォーム

※【重要】運用が稼働してから上記のご登録をお願いします。

※利益還元祭は、売却成功利益からの還元となります。利益が出なかった場合には還元対象外となりますのでご了承ください。また、分配金額は、総額予算から該当者にて按分して分配させて頂きます。

※仮想通貨取引所の利用、また暗号資産(仮想通貨)取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

Telegram・LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
ビット先生のテレグラム 仮想通貨の教科書(LINE登録)
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

CloudTokenのよくある質問集

CloudToken(クラウドトークン)のよくある質問集・回答