MGCTokenの特徴・登録方法・入金手順・運用方法

MGC Tokenの特徴・登録方法・入金手順・運用方法

イギリス発のMGCTokenというものが出てきました。(2019年4月26日)

次々とサービスが開始される配当型ウォレットは今、WoTokenやCloudTokenをはじめとして、SNSを中心に知名度を上げています。

配当型ウォレットサービスは、どれもサービス開始からそれほど時間が経っていないことから、詳細な情報を取得できない分野でもあります。

MGCTokenもまた、インターネット上にはほぼ情報のない配当型ウォレットです。

ネット上で取得できる情報はほとんどが中国語のブログです。

※中国での利用ユーザー数が多ければ期待ができますが、現時点ではわかりかねます。

仕組みの詳細を理解すること、またその信憑性を担保することが難しいサービスでもあります。

今回は、MGCTokenについて、2019年5月5日現在で分かっている情報を元に、その特徴や登録方法、また入金手順から運用方法までを紹介します。

※MGC Tokenにて資産運用を行う際には、自分自身でも情報を収集し、納得した上で余剰資金での運用を行ってください。

  • 最低運用資金は100ドル以上
  • サポートされているコインは8種類
  • 自動取引システム(ATS)
  • 配当の種類は大きく3パターン
  • 30日以内の引き出し:手数料5%
  • imToken(アイムトークン)と連携できるようになる
  • 情報が少ない
  • スマートフォンウォレットの操作性が若干わかりにくい
にゃんこ

にゃんこ
ビット先生は、調査目的で利用しているのかにゃん。
ビット先生

ビット先生
MGCTokenは個人的な調査の一環で利用してみたぞぃ。率直に調査及び利用した体感としては拡大するイメージは持てなかったぞぃ。

※本配当ウォレットには、ビット先生の利益還元祭及び、専用テレグラムの用意はございません。MGCTokenは調査用に利用しておりますので、サポートなどはご期待に沿えないことがありますのでご了承ください。

ご自身で運用できる方、余剰資金で運用できる方のみご利用ください。

配当系ウォレット/取引所をビット先生が本気で考察
暗号資産(仮想通貨)は、3か月~6か月周期で流行りが変わっていきます。 現在(2019年)のブームは、配当ウォレット・取引所です。 所謂、配...

MGCTokenってなに?

MGCTokenは、ロンドンに本社を置く配当型ウォレットです。ウォレットシステムの開発は、イギリスで登録されているBGMFという開発会社が手がけています。

2019年4月にイギリスで正式発表されたMGCTokenは、テスト期間を得てユーザーからも高い評価を受けているようです。

MGCTokenウォレットでは、BTCをはじめ主要なアルトコインを8種類サポートしており、資産運用の流れはその他の配当型ウォレットと大きな違いはありません。

MGCTokenの基本情報

MGC Tokenってなに?

それではまず、MGC Tokenの基本情報を確認しておきましょう。

▼基本情報

サービス MGCToken
公式HP https://mgctoken.io/index-ja.html
本社 イギリス(ロンドン)
開発元 BG MF
リリース 2019年4月26日

MGCTokenのロードマップ(2年間)

  • 2019年5月20日:世界11カ国でMGCトークンの世界スマートウォレットを公に販売します。
  • 2019年6月26日:タイで千人の会議を開くでしょう。
  • 2019年6月28日:新しい取引所を立ち上げます。
  • 2019年7月28日:新しい取引所を立ち上げます。
  • 2019年8月28日:バリで会議を開催します。
  • 2019年8月30日:MGC TOKENはそれ自身の交換を構築し、同じタイトルのトークンを発行します。
  • 2019年9月29日:最初の銀行カードを発行します。
  • 2019年10月28日:ドバイで大規模な会議を開催します。
  • 2019年11月29日:イギリスの企業を訪問します。
  • 2019年12月31日:香港新年会議を開催します。
  • 2020年1月31日:多くの金融投資アプリケーションを開くでしょう。
  • 2020年2月29日:セルビアで会議を開催します。
  • 2020年3月26日:パブリックチェーンを作成します。
  • 2020年4月30日:韓国の済州島で会議を開催します。
  • 2020年5月28日:MGCコールドウォレット機器を製造します。
  • 2020年6月28日:日本の東京で会議を開催します。
  • 2020年7月31日:MGC ATMを作るでしょう。
  • 2020年8月31日:モルディブでエリートミーティングを開催します。
  • 2020年9月29日:キプロスのブロックチェーンビジネススクールを建設します。
  • 2020年10月30日:複数のマイニングゲームと20以上の通貨貯蔵を開くでしょう。
  • 2020年11月30日:英国のトップリーダーの集まりを開催します。
  • 2020年12月31日:アメリカのラスベガスで新年会議を開催します。

MGCTokenの特徴

MGC Tokenの特徴

それでは、MGCTokenの特徴を見ていきましょう。

▼最低運用資金は100ドル以上

MGCTokenの最低運用資金は100ドル以上の暗号資産です。その他の配当型ウォレットのように、100ドル以上の運用資金を預け入れることで、資産運用が可能です。

これはCloudTokenよりもハードルは低く、SCFTokenと同額ですね。

取引においても動かすことのない暗号資産がある場合は、資産運用に回すというのも一つの選択肢となります。

▼独自通貨のMGCトークンの価格推移

配布される独自トークンであるMGCトークンは、価格が急上昇しております。

  • 4月9日$ 0.11 
  • 4月11日$ 0.12 
  • 4月13日$ 0.135 
  • 4月14日$ 0.157 
  • 4月17日$ 0.199 
  • 4月21日$ 0.23 
  • 4月25日$ 0.27 
  • 4月26日$ 0.30
  • 5月4日 $ 0.385
  • 5月5日 $0.415
  • 5月6日$0.43

▼サポートされているコインは8種類

MGCTokenでサポートされているコインは全部で8種類です。BTCを始め、主要アルトコインがサポートされています。

サポートされている8種類は以下のコインです。

  • BTC
  • ETH
  • EOS
  • XRP
  • LTC
  • DOGE
  • BCH
  • USDT

XRP(リップル)がサポートされているのは魅力的かもしれませんね。

※2019年5月5日時点では、ETHの送金のみのようです。

▼ATS(自動取引システム)

MGCTokenでは、主に独自で開発した取引システムの自動取引システムである「ATS」によって利益を追求します。資産運用をするユーザーは、このATSによって得られた利益から配当が行われるのです。

▼配当の種類は大きく3パターン

MGCTokenの配当は大きく分けて以下のような3パターンに分類されます。

  • ATS(自動取引システム)による利益の配当
  • 紹介による配当
  • コミュニティ配当

これらもまた、現在ユーザーに利益をもたらしているWoTokenやCloudTokenに似た仕組みになっています。

ATS(自動取引システム)による利益の配当

自動取引システムであるATSに預け入れる金額によって、配当が異なります。

  • 100ドル〜800ドル未満(レベル1):0.3%〜1%
  • 800ドル以上〜3,000ドル未満(レベル2):0.45%〜2%
  • 3,000ドル以上〜10,000ドル未満(レベル3):0.6%〜3%

基本的な配当は、これらが基準になります。

紹介による配当

MGCTokenは、完全紹介制による配当型ウォレットです。この仕組みも、その他の配当型ウォレットと同じですので、先行者が有利になることは変わりません。

紹介レベルは20世代までが示されており、それぞれの配当は以下のようになっています。

  • 直接紹介:ATS利益の100%
  • 第2世代:ATS利益の10%
  • 第3世代〜第10世代:ATS利益の10%
  • 第11世代〜第20世代:ATS利益の1%

コミュニティ配当

紹介制による資産運用では先行者から広がりを見せ、その下にコミュニティが形成されます。そのコミュニティ規模によってリーダーシップの評価基準が決められ、以下のように、VIP1〜VIP5までの基準で配当が異なります。

VIPはリーダーシップの評価基準です。

  • VIP1:チームATS利益の7%
  • VIP2:シームATS利益の10%
  • VIP3:チームATS利益の13%
  • VIP4:チームATS利益の16%
  • VIP5:チームATS利益の16%

ロックシステムによる配当

MGCTokenでは、預け入れる運用資金をロックすることで、ロック期間に伴う収益の配当がなされます。

選択肢は5種類あり、最長2年間のロックを選択することができるようです。

それぞれの収益配当は以下のようになります。

  • 1ヶ月のロック:1ヶ月の収益の25%
  • 3ヶ月のロック:3ヶ月の収益の80%
  • 6ヶ月のロック:6ヶ月の収益の200%
  • 12ヶ月のロック:12ヶ月の収益の450%
  • 24ヶ月のロック:24ヶ月の収益の1,000%

まだまだ情報の少ないMGCTokenですので、ロックをする場合は1ヶ月から始めてみることをおすすめします。

▼運用資金の引き出し手数料

資産運用に回した運用資金の引き出しは、その期間によって手数料が異なります。

  • 30日以内の引き出し:手数料5%
  • 31日以降の引き出し:手数料無料

一度運用を開始したら、最低30日間は引き出しを行わない方がお得ですね。31日目からは手数料が無料です。

▼imToken(アイムトークン)と連携できるようになる

imToken(アイムトークン)は、ETHやイーサリアムベースのERC20トークン、その他複数のトークンを管理できるスマートフォンウォレットアプリで、世界最大とも言えるユーザー数を保有しているウォレットです。

IDGキャピタル資本から約11億円の資金調達に成功するなど、信頼性の高いウォレットですが、MGC TokenはこのimToken(アイムトークン)とも提携しているようです。

信頼性の高いサービスとの連携は信頼性の裏付けになり得ます。

※imToken(アイムトークン)については『「imToken(アイムトークン)」ってなに?暗号資産ウォレットの特徴・登録方法・使い方』にて詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

▼情報が少ない

MGCTokenについては、何よりも情報が少ないというのがネックです。

もちろん、今後飛躍的に人気を集める可能性も否定できませんので、人気のある配当型ウォレットサービスの一つとして、その動向を追うことは大切なことです。

▼スマートフォンウォレットの操作性が若干わかりにくい

MGCTokenのスマートウォンウォレットアプリは、2019年5月5日現在、まだまだ荒削りな部分も目立ち、使いやすいとは言えません。

しかし、現在人気が出てきているCloudTokenのように、開発を重ねることで操作性などが改善される可能性も期待できます。

その開発速度という点も、サービスの質を見極める重要なポイントになります。

MGCTokenを利用するリスク

MGC Tokenを利用するリスク

MGCTokenの情報は、主に中国語のブログやホワイトペーパーに頼らなければいけないのが現状です。細かなニュアンスや仕組みの詳細の裏付けを取るのが非常に難しい状況でもあります。

※もちろん、中国語に精通する方にとっては、しっかりとした情報を読み取れるものかもしれません。

ですので、MGCTokenにて資産運用を開始する際には、自分自身で納得するまで情報を集め、余剰資金で運用することを心がけてください。

MGCTokenの登録方法と使い方

MGC Tokenの登録方法と使い方

それでは、MGC Tokenの登録方法と使い方を見ていきましょう。

▼インストール

公式ダウンロードサイトからインストールする

まずは、以下の公式のダウンロードリンクよりスマートフォンアプリをダウンロードしてください。

公式HPよりダウンロード

iOS(iPhone)用の公式ダウンロードリンク

Android用の公式ダウンロードリンク

※今回は、iPhoneでの利用手順を紹介していきます。

公式サイトからのインストール

MGCTokenは、AndroidおよびiPhoneの公式Storeからのダウンロードではありませんので、インストール後にはアプリの許可が必要です。

アプリの許可

アプリのインストールが完了したら、アプリの許可を行います。

「設定」のメニューから「一般」をタップします。

MGC Tokenアプリの許可1

次に「デバイス管理」をタップします。

MGC Tokenアプリの許可2

許可するアプリのデベロッパー一覧が表示されますので、「MTel Limited」をタップしてください。

MGC Tokenアプリの許可3

表示された画面にて「”MTel Limited”を信頼」をタップしてください。

MGC Tokenアプリの許可4

確認のポップアップが表示されますので、「信頼」をタップしてください。

MGC Tokenアプリの許可5

これでアプリの許可設定は完了です。

登録

アプリの許可設定が完了したらアプリが起動できるようになりますので、登録を開始します。

MGC Tokenのアイコンをタップして、アプリを起動してください。

MGC Tokenの登録1

通知許可設定のポップアップが表示されますので、通知を許可する場合は「許可」をタップしてください。(通知の許可設定はどちらでも構いません。)

MGC Tokenの登録2

MGC Tokenについての説明画面が表示されますので、画面を左にスライドして進めましょう。

MGC Tokenの登録3

2ページスライドすると「Enter now」ボタンのある画面が表示されますので、「Enter now」をタップしてください。

MGC Tokenの登録4

言語選択画面が表示されますので、「日本語」をタップしましょう。

ログイン画面が表示されますので、以下画面の「する」の部分をタップしてください。

MGC Tokenの登録6

電話番号登録画面が表示されますので、まずは国番号を選択するために、「+44」の部分をタップしてください。

MGC Tokenの登録7

画面上部に検索窓がありますので、「81」を入力してください。日本の「+81」だけが検索されますので、「+81 JPN」をタップしてください。

MGC Tokenの登録8

電話番号登録画面に戻りますので、先頭の「0」を省いた携帯電話番号を入力してください。

また、電話番号欄の下の欄で、右側の画像に表示されている数字を入力してくだい。

全ての入力を終えると以下のようなイメージになりますので、画面右上の「次へ」をタップしてください。

MGC Tokenの登録9

登録した携帯電話番号宛にSMSが届きますので、コードを確認してください。

MGC Tokenの登録10

コードを確認したら、MGCTokenのメッセージ確認コード画面で、6桁のコードを入力してください。

入力すると、自動的に次の画面が表示されます。

MGC Tokenの登録11

パスワードの作成画面が表示されますので、以下の項目を入力してください。

  • パスワードを入力してください:ログインパスワード
  • 確認パスワードを入力してください:ログインパスワードの再入力
MGC Tokenの登録12

入力を終えると以下のようなイメージになりますので、画面右上の「次へ」をタップしてください。

MGC Tokenの登録13

推奨コードの入力画面になりますので、次のコードを入力してください。

推奨コード:g9Y8hj

MGC Tokenの登録14

入力を終えると以下のようなイメージになりますので、画面右上の「登録の確認」をタップしてください。

MGC Tokenの登録15

これで、MGCTokenへの登録が完了して、ログイン画面が表示されます。

▼ウォレットの作成

登録が完了したら、次にウォレットの作成です。

携帯電話番号でログインすると、「ウォレットの作成」ボタンがありますので、タップしてください。

MGC Tokenウォレットの作成1

運用開始や出金時に利用する「取引パスワード」を設定しますので、以下の項目を入力してください。

  • 取引パスワードを入力してください:取引パスワード
MGC Tokenウォレットの作成2

入力が完了すると以下のようなイメージになりますので、「次へ」をタップしてください。

MGC Tokenウォレットの作成3

取引パスワードの確認画面が表示されますので、もう一度上記で設定した取引パスワードを入力してください。

MGC Tokenウォレットの作成4

入力を終えると以下のようなイメージになりますので、「OK」をタップしてください。

MGC Tokenウォレットの作成5

プロンプトというポップアップが表示されますので、「知っている」をタップしてください。

MGC Tokenウォレットの作成6

次にニーモニックの設定画面に移りますが、その前にポップアップが表示されますので、「それを知っている」をタップしてください。

MGC Tokenウォレットの作成7

ニーモニックが表示されますので、メモを取るなどして、厳重に保管してください。ニーモニックはウォレットの復元に使用するため、他人に漏れるとあなたのウォレットが簡単に悪用されてしまいますので、取り扱いには注意しましょう。

メモを取ったら「次へ」をタップしてください。

MGC Tokenウォレットの作成8

ニーモニックの確認画面が表示されますので、上記の順番通りにニーモニックのフレーズをタップしてください。

MGC Tokenウォレットの作成9

ニーモニックのフレーズを並べ終えると以下のようなイメージになりますので、「OK」をタップしてください。

MGC Tokenウォレットの作成10

プロンプトのポップアップが表示されますので、「知っている」をタップしてください。

MGC Tokenウォレットの作成11

これで、ウォレットの作成は完了です。

▼入金〜運用方法

運用を開始するためには、MGCTokenへの入金が必要です。

MGC Tokenにコインを入金する

まずは、MGCTokenにコインを入金しましょう。

今回はETHを例に入金します。

ウォレットのトップ画面より、ETHの欄をタップしてください。

MGC Tokenの入金1

資産画面が表示されますので、画面右下の「受け取り」をタップしてください。

MGC Tokenの入金2

ウォレットアドレスのQRコードとアドレスの文字列が表示されますので、アドレスをコピーして、送金元となる仮想通貨取引所やウォレットにペーストして、MGCTokenへの送金を行なってください。

運用最低資金額は100ドルですので、余裕をもった金額を送金しておきましょう。

運用を開始する

MGCTokenにて資産運用を開始するには、ATSを起動します。

まずは、トップ画面下部のメニューから「DAPP」をタップして、表示された画面より「ATS」をタップしてください。

MGC Token運用開始方法1

運用レベルを選択できますので、運用する金額に応じて「口座開設」を選択し、タップしてください。

運用資金が100ドル〜800ドルの場合は、「Primary account」になります。

MGC Token運用開始方法2

補充ポジション画面が表示されますので、以下の項目を入力してください。

  • オープン数量:運用額を入力
  • 取引パスワード:取引パスワードを入力(ログインパスワードではありません)

上記を入力すると以下のようなイメージになりますので、「OK」をタップしてください。

※オープン数量にて手数料が必要となりますので、0.001ETH程度は手数料として認識をしてください。(下記は、1ETHを入金したので、0.999ETHと運用額を記載)

MGC Token運用開始方法3

「Create/import Wallet success」というポップアップがでれば、運用開始となります。

MGC Token運用開始方法3

MGCTokenの取引所・登録・使い方を大公開!! 〜まとめ〜

MGCTokenの取引所・登録・使い方を大公開!! 〜まとめ〜

MGC Tokenは情報も少なく、配当型ウォレットの中でもまだまだ荒削りな印象がぬぐえないサービスですが、今後飛躍的に人気がでる可能性も否定できません。

資産運用を行う配当型ウォレットの選択肢として、まずは登録だけでも済ませておくことで、急に人気が出た時にも慌てずに対応することができます。

それでは最後に、MGCTokenの特徴をまとめておきます。

  • 最低運用資金は100ドル以上
  • サポートされているコインは8種類
  • 自動取引システム(ATS)
  • 配当の種類は大きく3パターン
  • 30日以内の引き出し:手数料5%
  • imToken(アイムトークン)と連携できるようになる
  • 情報が少ない
  • スマートフォンウォレットの操作性が若干わかりにくい

MGC Token際には、情報を自分自身でもしっかりと確認して、納得した上で、必ず余剰資金を使った投資を心がけてください。

※仮想通貨取引所の利用、また暗号資産(仮想通貨)取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

Telegram・LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
ビット先生のテレグラム 仮想通貨の教科書(LINE登録)
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。