ブロックチェーンを利用した位置ゲーム「ビットにゃんたーず」ってなに?貰えるコインとその遊び方を紹介!

ブロックチェーンを利用した位置ゲーム「ビットにゃんたーず」ってなに?貰えるコインとその遊び方を紹介!

ブロックチェーン技術が利用されている仕組みの代表格は、もちろん暗号資産(仮想通貨)です。BTC(ビットコイン)やEHT(イーサリアム)、その他アルトコインは全てブロックチェーン技術の上で動いています。(※リップルは除く)

それは、BTCの誕生と共にブロックチェーン技術が生まれたからです。

しかし、ブロックチェーン技術は現在、様々な分野に利用され、広がりつつあることをご存知でしょうか。特にゲーム業界では、ブロックチェーン技術と融合させたゲーム開発の取り組みは盛んです。

そして、今回紹介する「ビットにゃんたーず」もまた、ブロックチェーン技術とゲーム、そして健康維持という観点からリリースされたゲームです。

位置情報を利用して、ネコと出会うゲームで、以前ブームになったポケモンGOのような特徴を持っていますが、そこで得られるコインはイーサリアムをベースとしたコインなのです。

【ビットにゃんたーずの特徴】

  • ビットにゃんたーずは新しい市場をもたらす
  • ネコスポットでネコのキャラクターカードを獲得
  • 「ネコスポット」を申請してAruku Coin(アルクコイン)を獲得できる
  • AndroidとiOSに対応している

 

【Aruku Coin (アルクコイン)の特徴】

  • イーサリアムベースのコイン
  • ビットハンターズシリーズの複数タイトルで相互利用できる
  • Aruku Coin (アルクコイン)を利用して広告を出稿できる
  • 新しいサイクル
  • Aruku Coin(アルクコイン)は法定通貨との交換を行わない
にゃんこ

にゃんこ
にゃんこにも、にゃんこ友達ができそうだにゃん。
ビット先生

ビット先生
にゃんこは寂しがり屋だから、友達を作った方が良いと思うぞぃ。

ビットにゃんたーずってなに?

ビットにゃんたーずは、リアルワールドゲームス株式会社が提供する位置情報ゲームで、2019年3月19日に正式リリースされました。

ポケモンGOのように位置情報を利用したスマートフォンアプリです。ポケモンGOと大きく違う部分は、そこにブロックチェーン技術を融合させることで、イーサリアムベースのコインを取得できることです。

※ただし、ビットにゃんたーずで得られるコインは、法定通貨とは交換できず、いわゆる暗号資産ではありません。あくまでも、ビットにゃんたーずやそれに関連するゲーム、あるいは店舗でのみ流通するコインです。

ゲーム画面には実際のマップが広がり、街中でネコを見かける場所がスポットとして登録されています。

ネコスポットは、ビットにゃんたーずのユーザーが申請することで、日本全国の至るところにネコスポットが増えていくという仕組みです。

普段の通勤・通学の経路や、旅行などで訪れる場所にもネコスポットが存在し、スマートフォン上でネコスポットをタップすることで、ゴールドがもらえたり、ネコのキャラクターを集めることができます。

そもそものコンセプトは、歩いて健康維持に役立てるというもので、ビットにゃんたーずでゴールドやネコのキャラクターを集めると同時に、散歩やウォーキングをより楽しめる仕組みとなっているのです。

ビットにゃんたーずの基本情報

ビットにゃんたーずの基本情報

まずは、ビットにゃんたーずの基本情報を確認しておきましょう。

▼運営会社

会社名 リアルワールドゲームス株式会社
会社設立日 2017年2月
代表取締役社長 清古貴史
資本金 1億8519万円
本社所在地 104-0033 東京都中央区新川1-16-4 4F
代表電話番号 03-6262-8688
従業員数 15名
ビットにゃんたーず公式HP https://bitnyanters.io/
ビットにゃんたーず公式Twitter http://urx.red/Ulxl
リアルワールドゲームス公式Facebook http://urx.red/Syaj
リアルワールドゲームス公式Twitter http://urx.red/93W8

▼ロードマップ

2018年9月 ビットにゃんたーずフィールドテスト開始
2018年12月 プロジェクトペーパー公開
2019年Q1 アルクコイン交換機能実装
ビットにゃんたーず正式版リリース
2019年Q4 スポット100万件目標
2020年Q4 スポット500万件目標
ビットハンターズプロジェクト第2弾リリース
2021年Q4 位置情報プラットフォームを使った他社のゲームリリース
スポット1500万件目標

ビットにゃんたーずの特徴

ビットにゃんたーずの特徴

それではビットにゃんたーずの特徴を見ていきましょう。

▼ビットにゃんたーずは新しい市場をもたらす

ビットにゃんたーずの市場を簡単に説明すると、以下のようなサイクルとなります。

  1. ビットにゃんたーずをプレイする
  2. ネコスポットを発見する
  3. ネコスポットを申請する
  4. Aruku Coin(アルクコイン)を獲得する
  5. Aruku Coin(アルクコイン)をリアル店舗で使用する

ビットにゃんたーずを利用した仕組みは、“お金の流れ”の根本を変える市場になるかもしれません。

▼ネコスポットでネコのキャラクターカードを獲得

ビットにゃんたーずのゲーム画面には、リアルマップの上に「鈴」のマークが点在しています。この「鈴」がネコスポットです。

スマートフォンを持ってネコスポットに近づくことで、「鈴」をタップできるようになります。

「鈴」をタップすると、コインと共にランダムでネコのキャラクターが出現します。出てきたネコキャラクターをタップすると、ゲーム画面にネコキャラクターが表示され、画面を撫でることでそのキャラクターをコレクションできるのです。

様々な種類のネコキャラクターが存在しますので、キャラクターを集めるという楽しみ方もできますね。

▼「ネコスポット」を申請してAruku Coin(アルクコイン)を獲得できる

イーサリアムベースのAruku Coin(アルクコイン)は、自身が「ネコスポット」を申請することで獲得できます。

街でネコが出入りしている場所を申請することで、ビットにゃんたーずというゲームはネコスポットを増やし、ユーザー同士で世界を広げていくことができるのです。

▼AndroidとiOSに対応している

ビットにゃんたーずは、AndroidとiOSのスマートフォンに対応していますので、それぞれのStoreでダウンロードすることが可能です。

Aruku Coin (アルクコイン)の特徴

Aruku Coin (アルクコイン)の特徴

次に、ネコスポットを申請することで獲得できる「ネコイン」と交換することのできる「Aruku Coin(アルクコイン)」について見ていきましょう。

▼イーサリアムベースのコイン

ArukuCoin(アルクコイン)は、イーサリアムベースのERC20トークンで発行されています。

ArukuCoin(アルクコイン)は、ビットにゃんたーずのゲーム内で獲得できる「ネコイン」からのみ交換できるコインです。ですので、Aruku Coin(アルクコイン)からネコインへの両替はできません。

また、その他のイーサリアムベースの暗号資産のように、法定通貨との交換はできず、あくまでも限られたプラットフォーム内でのみ流通するコインです。

▼ビットハンターズシリーズの複数タイトルで相互利用できる

Aruku Coin(アルクコイン)は、リアルワールドゲームス株式会社が展開する「ビットハンターシリーズ」のゲーム内で経済圏を生み出します。

位置情報を利用したビットハンターシリーズのゲームでは、ゲーム内に店舗誘導広告を表示することで、その店舗でAruku Coin(アルクコイン)の利用を可能にします。

もちろん、ビットハンターシリーズの第1弾であるビットにゃんたーずで獲得したAruku Coin(アルクコイン)は、それら店舗での買い物にも利用できますし、ビットハンターシリーズ内で相互利用が可能になります。

▼Aruku Coin (アルクコイン)を利用して広告を出稿できる

リアルマップには、店舗広告を出すことも可能です。広告を出す際にはAruku Coin(アルクコイン)を利用します。

ビットにゃんたーずなどのゲームユーザーは、ゲームをプレイしながら「ネコイン」を獲得し、ネコインをAruku Coin(アルクコイン)と交換、ゲームをしながら店舗を見つけ、交換して得たAruku Coin(アルクコイン)を利用して店舗で買い物ができるのです。

▼新しいサイクル

ゲーム内でコインを獲得し、ゲーム内でお店を見つけ、リアル店舗で消費するというサイクルには、従来の経済圏とは違った循環が生まれることになります。

  • 従来の経済圏:仕事をする→お金を稼ぐ→消費する
  • Aruku Coin(アルクコイン)の経済圏:ゲームをプレイする→コインを稼ぐ→消費する

簡単に言えば、ゲームをプレイすることでお金を稼ぐという新しいスタイルを実現させる仕組みの一つが「ビットにゃんたーず」であり、その中心となる通過が「Aruku Coin(アルクコイン)」ということですね。

▼Aruku Coin(アルクコイン)は法定通貨との交換を行わない

Aruku Coin(アルクコイン)は、あくまでもビットにゃんたーずで獲得したネコインからAruku Coin(アルクコイン)への一方通行の交換だけを行いますので、Aruku Coin(アルクコイン)から法定通貨へ換金することはできません。

全ては特定のプラットフォーム内で流通するコインです。ですので、仮想通貨交換事業にあたらないプラットフォームという側面も持っています。

※あくまでも、Aruku Coin(アルクコイン)のホワイトペーパー内における、各専門家の意見を範囲させた解釈です。参考元:Aruku Coinホワイトペーパー

ブロックチェーンを利用した位置ゲーム「ビットにゃんたーず」ってなに?貰えるコインとその遊び方を紹介! 〜まとめ〜

ブロックチェーンを利用した位置ゲーム「ビットにゃんたーず」ってなに?貰えるコインとその遊び方を紹介! 〜まとめ〜

ブロックチェーンといえば暗号資産(仮想通貨)という認識は間違いではありませんが、トークンの性質によってはその解釈が分かれるモノでもあります。

ビットにゃんたーずは、そのプラットフォーム内で流通するコインをゲームと絡めた形で運用します。法的な問題は、今後の国の方針によっても変化する可能性は否定できませんが、2019年4月15日現在では、あくまでもゲーム内で獲得するコインという存在です。

健康維持とブロックチェーンを融合させたゲームという試みは非常に面白い分野であり、新しい市場といえるでしょう。

それでは最後に、ビットにゃんたーずとAruku Coin(アルクコイン)の特徴をまとめておきます。

【ビットにゃんたーずの特徴】
  • ビットにゃんたーずは新しい市場をもたらす
  • ネコスポットでネコのキャラクターカードを獲得
  • 「ネコスポット」を申請してAruku Coin(アルクコイン)を獲得できる
  • AndroidとiOSに対応している

 

【Aruku Coin (アルクコイン)の特徴】
  • イーサリアムベースのコイン
  • ビットハンターズシリーズの複数タイトルで相互利用できる
  • Aruku Coin (アルクコイン)を利用して広告を出稿できる
  • 新しいサイクル
  • Aruku Coin(アルクコイン)は法定通貨との交換を行わない

今後も、あらゆるサービスがブロックチェーン技術と融合し、私たちが意識しないインフラ技術として広がっていくかもしれません。ゲームという形でビットにゃんたーずをプレイすることは、ブロックチェーン技術に触れてみる良い機会になるかもしれませんね。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

Telegram・LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
ビット先生のテレグラム 仮想通貨の教科書(LINE登録)
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Zaifハッキング被害の実態と個人でセキュリティ強化の時代へ

11月1日~5日現在:ビットコイン高騰中・トレード結果!!

住信SBIネット銀行の口座開設は、仮想通貨に便利!?

話題のアービトラージの基本情報・やり方・リスクを理解

ICOの資金調達の状況のまとめ

モナコイン 仮想通貨

モナコイン(MONA)がどこまで化ける!??