BlockEcoToken(ブロックエコトークン)の登録方法・運用方法・使い方!

BlockEcoToken(ブロック・エコ・トークン)

BlockEcoToken(ブロックエコトークン)が2019年5月23日より先行プレオープン(公式オープンは6月15日)しました。

【9月24日(月):現在の状況】

公式アナウンスでは、不正出金・二段階認証の設定・KYCの導入などの理由により現在出金に時間がかかっているとのアナウンスが出ております。

正常な稼働・出金確認ができるまでは、新規での参加はお控えください。

2019年7月6日にBlockEcoToken(ブロックエコトークン)が日本にて公式イベントが開催(約1,000名規模)されました。

BlockEcoセミナー(東京)

リリース前に、デザイン面ですが、右側のデザインに生まれ変わってサービスがリリースされることになりました。

BlockEcoのバージョンアップ

さて、Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)すぐに参加できる準備として、Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)の仕組みや特徴、そして配当スキームを含めご紹介します。

にゃんこ

にゃんこ
状況判断は非常に重要だにゃん。
ビット先生

ビット先生
今まで同様にできる限り情報収集をしていきますが、他の配当ウォレット同様にリスクを理解してから参加することを徹底して欲しいぞぃ。

BlockEco最新情報(2019年7月31日更新)

  • BlockEco(ブロックエコ)のデビットカードの発行予定
  • BLECを利用できる箇所を増やす(フランチャイズのフードチェーンと話し合い中)
  • QRコードを活用したPay決済
  • Eco chatを構築中(メッセンジャーアプリ)※自分のツリーとコミュニケーション
  • 8月:韓国の事務所オープン予定
  • 8月末:App Storeの認証
  • 9月:ベトナムの事務所オープン予定
  • 10月:World block chain dubai(スポンサー)※ブースも出展予定
  • 12月:東京にてイベント開催予定(5,000人規模)

目次

BlockEcoToken(ブロックエコトークン)ってなに?

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)ってなに?

BlockEcoToken(ブロックエコトークン)は、4つの会社でサービスを提供する「Bloc Ecoプロジェクト」です。

プロジェクト全体としては、ウォレット機能だけではなく、資産運用管理やBlockchainコンサルティング、独自のExchange(取引所)、オンラインゲームといったサービス提供も予定しています。

また、BlockEcoToken(ブロックエコトークン)でユーザーに配当される利益は、他の配当ウォレットと異なり4つの会社の収益を担保として運用利益を配当していきます。

【事業を展開する4つの会社】

  1. BlockCHARTER:暗号通貨のコンサルティング、トレーディング、資産運用事業
  2. Ignescent CAPITAl:FX・株、暗号資産のトレーディング、資産運用事業
  3. I9:Junket Services(ジャンケット)を提供

通常は1つの企業が母体となって運営しておりますが、BlockEcoToken(ブロック・エコ・トークン)は上記4つの企業体で運営され、4つの企業収益で事業が成り立っています。これら4つの会社で『Block Ecoグループ』となります。

1.BLOCK CHARTER

BlockCHARTER社は、2011年に設立された会社で、アビトラージのAI運用、マシンラーニングを得意とする会社で、日々実績を出しています。

BLOCK CHARTERは、主に以下3つの事業を得意としています。

  • Blockchainコンサルティング
  • Cryptocurrencyトレーディング
  • 資産運用管理

以下、BLOCK CHARTERの主要メンバーです。

【マネジメントチーム】
Block Charter Group
会長 James Ryman Chairman
CEO Aleks Bartman
マネージングパートナー Kevin Joffrey
アセットマネジメント Bogdan Schellenberg
【営業チーム】
チーフテクニカル Flavio Rizzoli
アセットマネジメント Patrick Schellenberg
システムアーキテクト Daniel Gartmann
アルゴリズム開発 Claudio Salgado
リスク分析エンジニア Andreas Sinn
システムエンジニア Stefan Roca

2.Ignescent CAPITAL

Ignescent CAPITAl社は、AIのFXでロウリスクトレーディングを確立しており、1日1%~30%の運用益をあげております。

ignescent CAPITALは、主に以下3つの事業を得意としています。

  • Cryptocurrencyトレーディング
  • 資産運用管理
  • FXと株式市場

以下、ignescent CAPITALの主要メンバーです。

【経営陣】
CEO Daniel Gartmann
COO Jack Nyland
トレーディング責任者 Nathan
トレーディング副責任者 Alvin

3.I9

シンガポールに拠点を構える企業。

カジノにてJunket Services(ジャンケット)を提供する会社です。

わかりやすく言えば、大口の顧客=ハイローラー(普通では考えられないような大金を1ゲームに賭けるような方)のみにサービスを提供するのがジャンケットです。

イメージとしては、『大口のお客様をVIPとして接待している企業』という表現がわかりやすいかもしれません。

※一般的には、お金持ちしかジャンケットのサービスは受けられません。

そのI9が、マカオ最大のジャンケットオペレーター、サンシティー・グループと提携したことによって、サンシティ・グループが提供しているカジノ(VIP向け)にてBLECトークンが利用できることになりました。

※利用できる証明として、I9が正式に以下情報を発行しております。

Blockecoカジノで利用可 Blockecoカジノで利用可2

BlockEcoで提供されるオンラインカジノ(https://king855.com/home)でも提携しております。

オンラインカジノ

4.Hantes finance SA

Hantes Finance社に至っては、3年連続でアワードを受賞しており、非常に優秀なフィナンシャルカンパニーです。FINMA(スイス金融市場監督庁)の金融ライセンスを持っており、他の配当ウォレットには例のないことでもあります。

スイスの金融ライセンス事業

Hantes finance SAは、主に以下5つの事業を得意としています。

  • 資産運用管理
  • BlockchainテクノロジーR&D株式投資
  • ポートフォリオ管理
  • エンタープライズコンサルティング
  • Exchangeサービス

このように、収益構造が他の配当ウォレットと大きく異なっています。

また、一般的なユーザーがBlock Ecoプロジェクトへ参加する際には、主にBlock Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)が窓口となり、運用する資金はBlock Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)を通して入出金することになるでしょう。

その運用資金を含めて、Block Ecoプロジェクト全体が動き、利益をユーザーへ還元する仕組みが実現されるのです。

【ポイント】

  • Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット):ユーザーが資産運用に使うためのウォレット機能の名称
  • Block Ecoプロジェクト:ウォレット機能を含めた、プロジェクト全体を指す名称

BlockEcoWallet(ブロックエコウォレット)の基本情報

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)の基本情報

まずは、Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)の基本情報をしっかりと確認しておきましょう。

※2019年5月23日時点で判明している情報です。

▼基本情報

プロジェクト名 Block Eco
発行枚数 2億枚
公式HP https://www.blockeco.io/
日本公式HP https://www.blockcharter.com/
公式サポート http://nav.cx/hs5vcpC

BlockEco公式資料

  • 全資料

https://1drv.ms/b/s!Aj39I98OWXhpeqHsjO2bJohopxI

※上述の資料は最新バージョンに変更予定。

  • 要約資料(キャンペーン内容含む)

https://1drv.ms/b/s!Aj39I98OWXhpeTepLRqbgGiuwHg

▼ロードマップ

2019年6月10日 ・公式オープン
2019年7月 ・Worldblockチェーンサミット スポンサード
2019年8月 ・Visa、masterデビットカード発行
2019年9月~12月 ・Block Charter社の株式上場、取引所開設
2019年9月~12月 ・block eco token上場サミット

各国のサミットは、2019年6月(ベトナム・インド)、2019年7月(シンガポール)、2019年8月(日本)、2019年(ドバイ)を予定。

Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)の仕組みと特徴

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)の仕組みと特徴

それでは、Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)の仕組みと特徴を見ていきましょう。

▼BlocEcoの最大の特徴『資産状況の公開』

配当ウォレットを利用していて最も怖いのが、運営側の破綻です。運営側が資金を持ち出すことが利用者にとっての最大のリスクであり、通常は資産状況が不透明の中で利用しなければなりません。

そういったユーザー側の不安な状況を軽減するべく、Block Ecoプロジェクトではプロジェクトの資産状況を公開しています。

BlocEcoの最大の特徴『資産状況の公開』

※先行プレオープンが2019年5月23日開始ですが、1週間程度しか経過していない状況ではありますが、約21億円が総資産としてプールされています。

資産が公開されるのは配当ウォレットでは初であり、非常に安心感のある取り組みです。

※6月15日の時点では、約40億円まで総資産が増えております。

BlockEco(資金決済プール)6月16日

▼独自トークン「BLEC」を発行する

Block Ecoプロジェクトでは、独自トークンである「BLEC」を発行します。BLECは、従来の配当型ウォレットのように資産運用時に利用されるトークンでもありますので、WoTokenのトークンであるWORのようなポジションとなるでしょう。

ですので、資産運用を開始する際には、BlockEcoWallet(ブロック・エコ・ウォレット)にBTCやETHを入金し、BLECにて配当を受け取ることになります。

▼『BLECToken』は、カジノで利用できる

BLECTokenはカジノで利用できる

シンガポールに拠点を構えるI9(ジャンケット企業)が、世界最大級のVIPカジノのジャンケット企業である『サンシティグループ』と提携しており、サンシティのVIPルームのあるマカオや韓国、オーストラリア、フィリピンなど複数のカジノでBlock Eco token(BLECToken)が使用できます。

※ホテルの中に入っているカジノの中でもVIPルームがあり、VIPルームを取り仕切っているのがジャンケット企業のため、ホテルにBLECトークンが利用できるか確認を取っても把握されておりません。

また、オンラインカジノking855.com(https://king855.com/home)でも使用することができます。

BLECトークンで利用されたカジノに入る収益の30%が運営側に戻る仕組みとなっており、配当還元されます。

(統計的なデータとしてカジノを楽しんでいる方の85%がカジノで負けているため、負けた金額がカジノ側の収益となります。)

▼最低投資金額は500ドル以上

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)に参加する最低投資金額は500ドル以上です。500ドル以上の投資金額をウォレットへ入金することで、取引モジュールが許可されます(WoTokenで言えばApolloの起動ですね)。

運用資金が500ドルを下回ると、運用が停止しますので、直近の相場を確認する限り、投資金額は700ドル以上確保しておいた方が確実です。

▼セキュリティ

BlockEcoWallet(ブロック・エコ・ウォレット)は、セキュリティにも力を入れており、その概要としては以下が示されています。

  • ID保護:個人情報は、サーバーに保存しない
  • プライベートキー管理:セキュアなプライベートキー取り扱い
  • ウォレット管理:ホットウォレットとコールドウォレットを使い分けた管理
  • 資産価値の保護:資産のヘッジ(損失時の備え)

今や、暗号資産におけるセキュリティの基本となる部分は全て考慮されていると言えますね。

▼ Block Ecoで利用できるユーティリティ

Block Ecoプロジェクトには、Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)のウォレット管理を含めて、8つのユーティリティ(有益な)サービスを備えています。

  • ウォレット管理システム
  • Blockchainゲーミング
  • インテリジェンス投資サービス
  • Blockchain宝くじ
  • 支払いサービス
  • 暗号資産のExchangeサービス
  • 法定通貨と暗号資産のExchangeサービス
  • 暗号資産ヘッジ

ウォレット管理や暗号資産(コイン)の取引サービス意外にも、ブロックチェーン技術を利用したサービスを展開することが分かりますね。

多様化された収益

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)の多様化された収益

収益モデルは、大きく2つに分けられています。それが以下の2つです。

  • キャピタルゲイン
  • 運用収益

▼キャピタルゲイン

キャピタルゲインによる収益モデルは以下の3つです。

  • モジュラー・トレーディングサービス
  • マーケット・メーキングファンド
  • 暗号資産の貸出

モジュラー・トレーディングサービス

モジュラー・トレーディングサービスは、簡単に言えばアービトラージによる収益です。

私たちが資産運用のために預ける資金は、アービトラージによって自動取引にて利益を出します。

マーケット・メーキングファンド

最適な市場作り戦略を実施することで、独自トークンであるBLECの価値を保護・支援します。

モジュラー・トレーディングサービス

暗号資産の貸付をすることで、金利による利益を生み出します。また、SMEローン(中小企業への融資)にも暗号資産を利用することで、融資の多様化を実現します。

▼運用収益

運用収入が、ウォレットを利用する私たちにとって一番身近な収益モデルとなるでしょう。

運用収益としては、以下の2つに分類されます。

  • アフィリエイト収入
  • 取引手数料

アフィリエイト収入

アフィリエイト収入は、Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)を紹介し、紹介者に運用収入の一部が還元される仕組みです。

これは、その他の配当型ウォレットの仕組みと同じですね。

取引手数料

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)の独自トークンはイーサリアムベースですので、取引時(送金を含む)に手数料であるGasが必要です。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)では、この取引手数料であるGasに上乗せした手数料がかかるようです。

▼アービトラージによるテスト取引にて既に結果を出している

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)では、既にアービトラージシステムのテスト運用を実施し、利益が出ることを確認しています。

▼「BLEC」促進のためにBlock Eco財団を設立

Block Ecoプロジェクトが発行するトークン「BLEC」は、一定期間後に仮想通貨取引所へ上場されることが想定されているでしょう。それは、既存の取引所であったり、あるいはBlock Ecoプロジェクトが提供する独自の仮想通貨取引所、あるいは、複数の取引所かもしれません。

どこかの取引所にBLECが上場されれば、もちろん気になるのはその価格ですよね。

上場後すぐに暴落してしまうようなトークンであるならば、そもそも資産運用にBlock Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)を利用するメリットはありません。

このような懸念を解消するのが、Block Eco財団です。Block Eco財団は、主にBLECを促進するため、バージン諸島に設立されます。

Block Eco財団は、後述する「BLOCK CHARTER」と「ignescent CAPITAL」によって確立されます。

Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)の配当と手数料

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)の配当

ここからは、一番気になるBlock Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)の配当です。

配当には、大きく分けて以下のような2つのルールがあります。

  • ロック期間別の配当
  • 紹介制配当

▼ロック期間別の配当

資産運用に回す資金は「資産バッキングプール」に預金をすることになります。そして、任意の期間ロックすることで、有利な配当を得ることができるという仕組みです。

  • ロックなし:月利約8%〜20%
  • 3ヶ月ロックする場合:月利約8%〜20%+25%のBLEC(ロック期間3ヶ月終了時)
  • 12ヶ月ロックする場合:月利10%〜30%+100%のBLEC(ロック期間12ヶ月終了時)

ロックをしない場合でも、月利8%〜12%の配当を受け取れますが、ロック期間を設けることで、毎月の配当にプラスしてロック期間中の25%〜100%の利益配当を、受け取ることができます。

▼紹介制によるボーナス配当

BlockEcoの配当形態

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)は、これまでの配当型ウォレットと同じように紹介制による配当があります。

紹介制による配当は以下の通りです。

【報酬形態】

  • レベル1:直紹介(1代)の人が得ている収益の100%
  • レベル2:孫(2代)の収益の20%
  • レベル3〜レベル10:収益10%
  • レベル11~レベル20:収益5%

『直紹介人数=レベルの階層』となります。

※直紹介者数が4名であれば、レベル4までの報酬しか得ることができません。

にゃんこ

にゃんこ
報酬形態の仕組みはしっかりと理解したいにゃん。

リファーラルボーナス

条件を達成すると他の配当ウォレット同様に追加報酬制度があります。

IB~DIBまでの4つタイトルがあり、最初のIB達成すると、21人目以降もトレーディング利益の配当が貰えるようになります。

前提条件:

  • 11名以上の直紹介者がいる
  • 自分自身の運用金額が1,000ドル以上
  • IBの資格
    ①本人の投資額1000ドル以上。
    ②直紹介11人以上+直紹介者の合計投資額20000ドル以上。
    ③一番売上のあるラインを除いた売上50000ドル以上。
    ※IB 資格を獲得すると、21段目以降も5%の配当。
  • MIBの資格
    ①本人の投資額1000ドル以上。
    ②直紹介11人以上+直紹介者の合計投資額20000ドル以上。
    ③一番売上のあるラインを除いた売上50000ドル以上。
    ④直紹介者にIB 資格を持つ者が3名以上いること。
    ※MIB 資格を獲得すると、21段目以降の5%の配当。
  • PIBの資格
    ①本人の投資額1000ドル以上。
    ②直紹介11人以上+直紹介者の合計投資額20000ドル以上。
    ③一番売上のあるラインを除いた売上50000ドル以上。
    ④直紹介者にMIB 資格を持つ者が3名以上いること。
    ※PIB 資格を獲得すると、21段目以降の15%の配当。
  • DIBの資格
    ①本人の投資額1000ドル以上。
    ②直紹介11人以上+直紹介者の合計投資額20000ドル以上。
    ③一番売上のあるラインを除いた売上50000ドル以上。
    ④直紹介者にDIB 資格を持つ者が3名以上いること。
    ※PIB 資格を獲得すると、21段目以降の15%の配当。かつ、ブロックエコで配当される全配当の10%をDIB資格者で頭割りして配当。

※売上:ダウンラインによって投資された合計金額から、関係者の総売上額の1番高いものを引いた金額が、50000ドル以上ということです。

▼出金手数料

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)で資金運用をする際には、出金時に手数料がかかります。出金手数料の条件としては以下の通りです。

  • 28日以内の出金:5%
  • 29日以降の出金:1%

▼BLECTokenからの変換可能通貨

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)でのBLECTokenからの変換可能通貨は以下の通りです。

  • BTC
  • ETH
  • USDT
  • XRP
  • ADA

ETHの他、BTCやUSDTにも変換できるのは嬉しいですね。

※なお、変換に伴う手数料は0%です。他の配当ウオレットは変換するのにて数量がかかる場合がありますが、Block Ecoでは変換手数料がありません。

Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)のサポート体制

Blockecoのサポート体制

配当ウォレットを利用していると、以下のようなトラブルが頻繁に起こります。

  • アプリがダウンロードできない
  • ログインができない
  • 配当が入っていない
  • パスワードを紛失してしまった
  • 入金したけれども着金しない
  • セキュリティロックされた

このような経験をされている人は多いと思います。

困った場合のサポートは、ご紹介者に委ねるしかないのですが、ご紹介者に連絡しても連絡が取れない・・・。サポートして貰えない・・・。ということも多いですよね。そういった背景から配当ウォレットに苦い経験をされている方がおります。

※2019年9月24日現在、公式LINEより日本語にて問い合わせすることができます。(日本語サポートに対応しています)

BlockEcoの公式サポート(問い合わせ)

【お問い合わせ対応時間】

月曜日から金曜日(土日祭は休日)
日本時間10:00〜18:00まで

Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)のリスク

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)のリスク

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)については、2019年9月24日現在、分岐点にある状況だと推測します。

他の配当ウォレットよりは実態調査することができましたが、リスクは必ず存在します。運営側の誠実さを感じたとはいえ、逃げない保証はどこにもありません。

何が起こっても自己責任となりますので、繰り返しお伝えさせて頂きます。

BlockEcoToken(ブロックエコトークン)の登録方法と使い方

CloudToken(クラウドトークン)の登録方法と使い方

それでは、Block Eco Wallet(ブロック・エコ・トークン)の登録方法と使い方を見ていきましょう。

インストール

 ▼公式サイトへアクセス

まずは、スマートフォンアプリをダウンロードするために、下記の公式サイトへアクセスしてください。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)はAndroidやiOSの公式Storeからはダウンロードできませんのでご注意ください。

BlockEco 公式ダウンロードサイト

※Androidでダウンロードする場合は、必ずchromeにリンクを貼り付けてダウンロードをしてください。

▼公式サイトからのインストール

公式サイトからアプリのダウンロードリンクをタップしてください。

※今回は、iPhoneでの利用手順を紹介していきます。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)インストール1
インストール確認のポップアップが表示されますので、「インストール」をタップしてください。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)インストール2
ホーム画面上に以下のようにアイコンが表示されたらインストールは完了です。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)インストール3
この状態では起動することができませんので、ここから許可設定を行います。

 ▼アプリの許可

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)を使えるようにするために、許可設定を行います。

「設定」をタップしてメニューを開き、一覧の中にある「一般」をタップしてください。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)アプリ許可1

次に「デバイス管理」をタップします。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)アプリ許可2
一覧に表示されている「Guangzhou Penguins Business Ser…」をタップします。

※アプリのアップデートがある度に、上述の表示される文言が変更されます。

詳細をクリックした際に『BlockEco』と表示されていれば問題ありません。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)アプリ許可3

表示された画面の「”Guangzhou Penguins Business Service Co.,…」をタップします。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)アプリ許可4

設定の確認画面が表示されますので、「信頼」をタップします。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)アプリ許可5

これで、許可設定が完了し、アプリが起動できるようになります。

▼登録方法

アプリの許可によって、BlockEcoアプリが起動するようになりましたので、スマートフォン画面のBlock Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)のアイコン「BlockEco」タップしてください。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)の登録1

アプリが起動したら、画面中央左の「Language」をタップしてください。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)登録2

言語の変更ができますので、日本語にチェックをして、画面左上の「<」をタップしてトップ画面に戻りましょう。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)登録3

画面が全て日本語に変換されたら、画面下の「登録」をタップしてください。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)登録4

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)の登録画面が表示されますので、以下の項目を入力してください。

  • ユーザー名:任意のユーザー名(英文字+数字
  • 電子メール:メールアドレス
  • パスワード:パスワード
  • パスワードを認証する:パスワード確認
  • 紹介コード:新規受付は停止

入金〜運用方法

基本的な手順としては、以下の順となります。

  1. 日本の仮想通貨取引所でコインを購入する
  2. Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)にコインを入金する
  3. 運用を開始する

「1.」については、Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)では日本円(JPY)を利用出来ませんので、日本の仮想通貨取引所で「BTC」「ETH」「USDT」を購入して、Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)へ入金する必要があります。

もちろん、既に「BTC」「ETH」「USDT」を所有している場合は、すぐに入金が可能です。

▼Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)にコインを入金する

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)で資産運用するには500ドル以上が必要です。

ですので、以下のコインいずれかを500ドル相当以上を入金してください。

  • BTC
  • ETH
  • USDT

※500ドルを下回ると運用が止まりますので、注意が必要です。

※コインの相場にも左右されますので、700ドル以上を目安に入金したほうが安心です。

入金するには、Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)のトップ画面より、「特殊財布の残高」にある「入金する」をタップしてください。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)入金1

特殊財布画面が表示されますので、入金するコインの欄をタップしてください。

「BTC」を入金する場合には、「BTC入金」をタップします。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)入金2

※送金先アドレスを間違うとGOXしますので、絶対に間違えないように十分ご注意ください。

入金アドレスが表示されますので、アドレスをコピーして、送金元となる仮想通貨取引所や自身のウォレットへペーストして送金してください。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)入金3

これで、Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)への入金は完了です。
入金が反映されたら、以下のようなイメージになります。

BlockEcoTokenの入金
BlockEcoTokenの入金2

入金に関しては、日本時間AM1:00~AM10:00は、入金作業がストップします。ですので、AM1:00~AM10:00に入金した資産は、AM10:00以降の反映となりますので注意が必要です。

※ビット先生は、入金作業までに約2時間程時間がかかりました。AM1時直前に入金した場合は翌日10時以降になりますので、着金しないからと言って焦らずに待ちましょう。

着金がされると自動で運用が開始されます。

ロックアップ(任意)※実施は個人の判断

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)では、運用資金をロックアップすることで、通常の8%〜20%の配当に加えて最大100%の配当を受け取ることができます。

ロックアップ毎の配当は次の通りです。

  • ロック解除(ロックしない):月利約8%〜20%
  • 3ヶ月ロックする場合:月利約8%〜20%+25%のBLEC(ロック期間3ヶ月終了時)
  • 12ヶ月ロックする場合:月利10%〜30%+100%のBLEC(ロック期間12ヶ月終了時)

ロックアップを行うと、その期間は資金を引き出すことができなくなります。

ロックアップを行った場合、BTCやETHといったコインは自動的に「USD」へ変換されます。ですので、BTCやEHTの価格が変動してもロックアップ中の資金は影響を受けません。

ただし、BTCやEHTの価格が上昇した場合にも、ロックアップした時点の価格で運用を続けることになりますので、若干損をする可能性もあります。(BTC・ETHの価格が下落、もくしは変動しない状況であればロックアップした方がお得)

ロックアップについては、コインの相場を考慮しながら判断することをお勧めします。

※ロックアップを行わない場合は、コイン相場の変動に合わせて、運用資金も変動します。(他の配当ウォレット同様)

▼ロックアップ方法

ロックアップをする際には、アプリトップ画面の中央にある「資金契約財布」をタップします。

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)ロックアップ1
資金契約財布画面の中央部分から、「購入」をタップします。

BlockEcoのロックアップ方法

ロックアップする運用金額ごとに分かれていますので、任意のパッケージをタップしてください。

ロックアップする資金の種類は以下の通りです。

  • 1000 USD Package
  • 5000 USD Package
  • 500 USD Package
  • 100 USD Package

最低運用資金でロックアップを行なう場合は、「100 USD Package」をタップしてください。(※図は1,000USD)

BlockEcoのロックアップ

確認のポップアップが表示されますので、「承諾する」をタップしてください。

BlockEcoのロックアップ2

『パッケージ』を購入後、『ピンで作動』ボタンがありますので、タップしてください。

BlockEcoのロックアップ方法2

以上でロックアップは完了です。

ロックアップ期間が終了すると、USDに変換されていた資産は運用資金として入金した「BTC」あるいは「ETH」に換金されロックアップが解除されます。

※運用資産として入金したコインへ換金されて戻ってきます。(換金される価格は、ロックアップされているUSDの価格に対して、ロックアップ終了時のコインの価格に換算されて戻ります)

BLEC財布

配当で得たBLECは、アプリトップ画面の「BLEC財布」で確認できます。

それぞれの残高表示は次の通りです。

  • ロック解除残高:配当によって得た「ロックアップ無し」のBLEC資産
  • ロック残高:「ロックアップ有り」のBLEC資産
Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)資産確認

ロック残高には、ロックアップ終了後に配当される資産が表示されます。

BlockEcoの複利運用方法(やり方)

にゃんこ

にゃんこ
複利運用できるのかにゃん・・。どうしようか悩むにゃん。
ビット先生

ビット先生
複利運用の実施可否は、各自の判断になるぞぃ。これも戦略だぞぃ。ビット先生の考え方は、BlockEco専用テレグラムにてお伝えするぞぃ。一先ず、ここでは複利運用のやり方をお伝えするぞぃ。

始めに、BloclEcoのトップページにあるBLEC財布の中のロック解除残高『出金する』を押します。

Blockecoの複利運用

BTC(ビットコイン)にて複利運用をしたい場合

  1. 通貨はBTCを選択。
  2. BLECトークンをBTCに変換する数量を入力
  3. 持株財布への振込を押す
Blockecoの複利運用2

持株財布への振込を押すと、持株財布の残高にBTCの枚数が増えております。

これで『BLECトークン→BTC』での複利運用完了です。

ETH(イーサリアム)にて複利運用をしたい場合

  1. 通貨はETHを選択。
  2. BLECトークンをETHに変換する数量を入力
  3. 持株財布への振込を押す
Blockecoの複利運用3

持株財布への振込を押すと、持株財布の残高にETHの枚数が増えております。

これで『BLECトークン→ETH』での複利運用完了です。

複利運用は、BTC・ETH・USDTの3つにて実施ができます。

にゃんこ

にゃんこ
凄く簡単だにゃん。

Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)の特徴・仕組み・配当を大公開! 〜まとめ〜

Block Eco Wallet(ブロック・エコ・ウォレット)の特徴・仕組み・配当を大公開! 〜まとめ〜

最近の流行となりつつある配当型ウォレットサービスは、次々と数を増やしています。それは、先行したWoTokenやICBウォレット、そしてPlusTokenなどの成功例(少なくともユーザーの利益に貢献した例)が大きく影響していることは間違いありません。

しかし、配当型ウォレットサービスの種類が増えるということは、慎重に調査をして、参加すべきサービスを見極めることが重要な要素となったということです。

同時に、最新のサービスをいち早く知り、優良案件と判断したらより早くサービスに参加することが、先行者利益を得る条件ともなります。

資産運用が可能なプロジェクトの一つとして、Block Eco Wallet(ブロックエコウォレット)の動向・情報収集を行うことが大切です。

※本内容は、2019年5月23日における最新情報です。バージョンアップを頻繁に繰り返す配当ウォレットは仕様が変わっていきますので、参考情報としてご確認ください。

BlockEcoTokenのよくある質問・回答
BlockEcoToken(ブロックエコトークン)について、質問と回答を載せますので、ぜひ参考にしてください。 BlockEcoToken(ブ...

※仮想通貨取引所の利用、また暗号資産(仮想通貨)取引や配当ウォレット、ICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

Telegram・LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していないコイン・配当ウォレット関連情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
ビット先生のテレグラム ビット先生のLINE4000人
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BlockEcoの最新情報

BlockEco(ブロックエコ)最新情報

BlockEcoTokenのよくある質問・回答

BlockEcoToken(ブロックエコトークン)のよくある質問集・回答